1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多区内で生活する場合の家賃設定のやりかた
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多区内で生活する場合の家賃設定のやりかた

安定した生活を手に入れるためには、上手なお金のやりくりが大切です。
それでは、上手なお金のやりくりとはどういうことをいうのでしょうか。
生活に必要な費用を生活費といいます。
自分の収入と生活費とのバランスがとれてこそ、上手なやりくりなのだと考えられます。
水道光熱費や食費などのその他の生活費は、住む人の人数や生活スタイルである程度決まってきます。
生活費の大部分を占めるのが、家賃です。
上手にやりくりするためには、お部屋探しをする前に家賃をいくら程度にするのか考えることが必要です。
賃貸物件には、家賃が高い物件と安い物件があります。
駅に近くて利便性が高いことから、人が多く集まる場所にある物件なら、家賃は高くなります。
福岡県の中心地である博多にも同じことがいえます。
博多駅にはたくさんの乗り入れ路線があり、公共交通機関の種類も豊富です。
そのため福岡県内外から多くの人が集まってきます。
生活費を上手くやりくりし、博多で快適に生活するにはどうしたらよいかを知っておくとよいでしょう。

家賃の高いところと安いところのよい点

同じ博多区内でも、駅から近い場所と遠い場所とでは家賃の金額は異なります。
やはり駅に近ければ、利便性が高いことから家賃は高めになります。
そして、博多駅から遠い場所になれば家賃は安くなります。
駅から遠ければ利便性が低くなることは当然です。
しかし、福岡市内を循環する路線バスがあるため、博多駅までの移動にはさほど不便ではありません。
博多区内の駅から少し離れた場所は、駅前とは違い閑静な住宅地があります。
博多駅前の便利で賑やかな雰囲気がよいという人もいると思います。
それとは逆に、住むところは静かなところがよいという人もいるでしょう。
そういった人であれば、多少駅から遠くても快適に生活できると考えられます。
駅から遠い物件で生活し、移動に路線バスを利用した場合は、駅までの交通費がかかってしまいます。
1ヶ月分の路線バス料金と家賃を足したら、駅から近い物件の家賃とさほど変わらなかったという場合もあります。
ならば博多駅から近い場所のほうがお得感があると考える人もいるでしょう。
このように視点を変えれば、「安いけど不便だ」「便利だけど高い」と感じていたことが、メリットだと捉えられることもあるのです。
こういったことに気づいてこそ、上手なお金のやりくりに役立ち、快適な生活につながるのです。
お部屋探しの家賃設定には、さまざまな視点から考えてみることが大切だということが分かります。

博多区内で生活する場合の家賃設定のやりかた ページ上部へ戻る