部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 長期出張の宿泊はホテルかマンスリーか博多周辺の事情は

長期出張の宿泊はホテルかマンスリーか博多周辺の事情は

賃貸物件を探していると、「マンスリー」というキーワードを目にすることはありませんか。
賃貸情報の中で出てくるマンスリーというワードは、契約形態をさしています。
ではマンスリー契約とは、具体的にどういう意味のことをいうのでしょうか。
その意味とは文字の通りで、月単位で契約することができるということをさしています。
マンスリーのほか、短期間での契約形態には、ウィークリーというものもあります。
これは週単位での契約ができるという意味です。
あらかじめ滞在する期間が決まっている人にとっては、大変利便性が高いと考えられます。
交通のアクセスが充実しており商業施設が多い土地は利便性の高い土地だといえます。
そういう土地には多くの人が集まり、企業も多く存在します。
福岡県内でいえば博多区がその役割を持った、いわば福岡県内の中心都市なのです。

■マンスリー契約に適した環境とは
博多にはどのような人が多く集まるか考えてみます。
企業や商業施設が多ければ、そこで働く人が集まります。
そこにある企業が、博多の地元企業だけではなく、全国規模の企業や全国に店舗をおく有名百貨店ならどうでしょう。
博多が地元だという人以外の人が、各地から赴任してくることも考えられます。
赴任してくるには、転勤で訪れる人もいれば出張で訪れる人もいます。
出張の人なら、1週間の短期間の人もいれば、1ヶ月以上の長期間の人もいるでしょう。
出張の場合、多くの人がホテルを利用すると思いますが、滞在する期間が長期ならその費用負担は相当なものです。
そこで利用されるのがマンスリー契約の物件です。
ホテルとマンスリーマンションでは、部屋の広さが違います。
ビジネスホテルのシングルルームは、ベッドが部屋の大半を占めており、狭苦しく圧迫感があります。
マンスリーマンションでは、部屋自体が一般的なマンションの一室と同様であるため、自宅と同じような生活ができます。
テレビや冷蔵庫はホテルでも設置されていますが、マンスリーマンションにはキッチンがあるため、自炊をすることもできるのです。
マンスリーマンションの料金は、長ければ長いほど割引率が高くなる場合がほとんどです。
そのため、ホテルを利用する場合よりも大変お得なのです。
そのほかマンスリーマンションは受験のために一時的に滞在する受験生や、急な転勤で住まいを決めるのが間に合わない人などにも利用されています。
ホテルは駅前など人が集まる場所に多くありますが、それはマンスリーマンションの場合も同様です。
博多駅前には多くのマンスリーマンションがあります。
博多で期間限定的に滞在する場合は、マンスリーマンションを選んでみるのもよいでしょう。

【関連リンク】

長期出張の宿泊はホテルかマンスリーか博多周辺の事情は ページ上部へ戻る