部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前の単身者向け賃貸マンションを広く見せよう

博多駅前の単身者向け賃貸マンションを広く見せよう

博多駅前には多くのマンションが建ち並んでいます。
賃貸マンションの数も多く、さらに単身者向けの間取りを多く見つけることができます。
博多駅前にはショッピングモールなどもあり、買い物をすることにも非常に便利です。
買い物だけではなく、美味しいものがたくさん見つかることも博多駅前の魅力です。
そんな魅力的な街に暮らしたいと思っている方もたくさんいるでしょう。
博多駅前にある賃貸マンションで暮らしていくと、とても便利な街であることを再確認できるのではないでしょうか。
ですが先ほども言ったとおり、単身者向けの賃貸マンションが多くなっています。
単身者向けの賃貸マンションの多くは、ワンルームタイプや1Kタイプの間取りが多く、お世辞にも広いとは言えない部屋になるでしょう。
そういった狭い賃貸マンションを、広く見せて楽しく暮らしていきましょう。

■白には広く見せる効果がある
賃貸マンションを借りて、部屋に家具を入れていくとき、設置し終わって部屋を見たら思ったより狭かった、ということはありませんか。
賃貸マンションの下見をした段階では、部屋に何も物がない状態ですので、とても広く見えていたことでしょう。
ですが家具は必要なものですので、置かないというわけにもいきません。

こういうときには、白を効果的に使って部屋を広く見せていきましょう。
白は膨張色といって、膨らんだように見せる効果があります。
そのため、家具はもちろん、カーテンや壁紙、カーペットなどに白を取り入れることによって部屋を広く見せることができます。
もちろん膨張色は白だけではありませんので、白で揃えたくない方も安心してください。
見たときに、どちらかというとぼやけて見える色は膨張色になります。
パステルカラーなども膨張色になりますので、白一色の部屋は回避したい方はこちらの色を使ってみてもいいかもしれません。

■見えないところを活用する
そもそも、見えるところに家具を置かなければ部屋は広く見えます。
見えないところに置いてしまっていい家具はあまりありませんが、収納家具は工夫次第で置かないということもできます。
たとえば、収納スペースが広めの賃貸マンションを探してみることもいいでしょう。
また、クローゼットの中をカラーボックスなどで細かく区切り、収納スペースとして有効に使ってみましょう。
ドアの上などは、人の目に付きにくいですし、あまり使わない場所でもあります。
ドアの上などに突っ張り棒と板で棚を作り、それを布などで隠してみましょう。
おしゃれで、しかも邪魔にならない収納スペースを作ることができます。

博多駅前周辺には、たくさんのおしゃれな雑貨屋などがあります。
そのお店の商品も活用して、住みやすいお部屋を作ってみましょう。
狭い賃貸マンションでも、自分だけの特別な空間にすることができます。

【関連リンク】

博多駅前の単身者向け賃貸マンションを広く見せよう ページ上部へ戻る