部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 住みやすさ日本一の福井県で賃貸物件探しをする

住みやすさ日本一の福井県で賃貸物件探しをする

私たちが賃貸アパートマンションを探す際には、住みやすい街に住みたいと考えます。
住みやすい街とは一体どのような街でしょうか。
住みやすさには、自然の多い環境や気候、生活に必要な施設の充実度、それから住宅確保のしやすさなどさまざまな条件があります。
その他、交通アクセスのよさや医療機関の多さを重視する人もいると思います。
そのようなさまざまな条件を総合的に見て、住みやすさが日本一と言われている県があります。
その県は福井県であり、健康で長生きする人が多い県とも言われています。
福井県のどういった点が住みやすいとされる理由なのか、詳しく知ってきましょう。
また、実際福井県で賃貸アパートやマンション、それから戸建て住宅をお探しする際に気になる情報を見ていきます。

福井県は子育てしやすく働きやすい
福井県は、保育園不足によって入園待ち状態の児童、いわゆる待機児童がゼロと言う子育て世帯にとって嬉しい環境です。
特に東京の都心部では、児童がなかなか保育園に入ることができず、親も子どもを預けることができないために仕事に復帰できないと言う悪循環が起こっています。
その点、福井県は保育園の空きを心配する必要がないために、女性の出産率も日本でトップクラスになっています。
これは更なる良い効果を発揮していて、福井県は女性が働きやすい県としても有名なのです。
その結果として、福井県は共働き夫婦が最も多い県であるというデータもあります。
福井県には保育園が充実しているため、出産後の仕事復帰を心配する必要がなく、安心して子どもを持つと言う選択ができると言う環境が整っているのです。
また、病院などの医療福祉施設の数も多く、体調の変化があった時にはすぐに病院につれていけると言うことも、子育て世帯には嬉しいポイントです。

福井県の住宅供給事情
福井県には住宅も充実しています。
中でも持ち家率が高く、その住宅の面積も広いのが特徴です。
これは持ち家だけでなく、賃貸物件にも言えることです。
誰でも狭くて窮屈な家よりは広々としてゆとりのある家に住みたいと思うものですが、賃貸アパートマンションと言えば狭いお部屋を思い浮かべる人も多いと思います。
賃貸の戸建て住宅だけでなく賃貸アパートマンションなどの集合住宅を見ても、面積の広い部屋を多いのです。
ずっと福井県にお住まいの人にしてみれば普通のことかもしれませんが、特に東京都心部など県外から来た人でしたら面積の広い賃貸物件が多いことに気づくでしょう。
つまり、福井県は、広いお部屋に住みたいという希望が叶いやすい県であると言えます。

【関連リンク】

住みやすさ日本一の福井県で賃貸物件探しをする ページ上部へ戻る