部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 中古マンションの売却には仲介手数料がかかります

中古マンションの売却には仲介手数料がかかります

戸建ての家でも中古マンションでも、個人で不動産を売却するとなったら、ほとんどの場合仲介業者にお願いするでしょう。
その中古マンションが無事に売却することができたとき、成功報酬として不動産業者に支払うものが仲介手数料といわれるものです。
ほかに、媒介手数料といわれることもあるようです。

■仲介手数料とは
仲介手数料はあくまでも成功報酬ですので、売買の契約が成立しなければ支払う必要はないものです。
また、交渉の途中で取り消しになったり無効になったりしたときも支払う必要はありません。
不動産業者もその報酬を請求することはできません。
仲介手数料は売買の価格によって上限が定められています。
算定の計算式もありますが、ひとつの例を挙げておきます。
仮に3000万円前後で中古マンションが売却されれば、およそ100万円前後にも上る仲介手数料が発生することになります。
中古マンションを売却しようと検討なさっている方は、その価格に応じた仲介手数料の支払いが発生するということを覚えておきましょう。
仲介手数料をいつ支払うかですが、これは物件を引き渡すとき一括で支払うとする場合と、契約時に半分、引渡し時に残り半分支払う場合とがあります。
その不動産業者により違いがありますので、事前に確認してみましょう。

■仲介手数料の割引とは
仲介手数料は、上限が定められているものです。
上限は必須というわけではなく、むしろこれより安くすることができるということになります。
ほとんどの不動産業者が上限値の仲介手数料を請求しているなかで、割引と謳っているのも見受けられます。
不動産業者は上限を超えて仲介手数料を請求できないのであって、上限以内であれば自由に設定できるものなのです。
言い換えると、仲介手数料は不動産業者と話し合いによって値引きの交渉もできるものだということです。

仲介手数料が安くなるのは非常に嬉しい所ですが、まずは売りに出している物件の買主を見つけてもらう事が最優先です。
仲介不動産会社へ売却の依頼をする時には、媒介契約を締結する事になります。
媒介契約にも種類があり、複数社へ依頼の出来る一般媒介と単独の業者へお願いする専任媒介と大きく2つに分かれています。
一般媒介は複数社への依頼の為、募集活動中の連絡は複数来ることがありますが、窓口が広がる可能性もあります。
一方、専任媒介は窓口が一本化されるので、連絡も一社になるという利点がありますが反面、窓口が狭くなる可能性もあります。
どちらも仲介手数料も同じ上限額になっているので、募集時の媒介契約の内容も検討する事が大切です。

【関連リンク】

中古マンションの売却には仲介手数料がかかります ページ上部へ戻る