部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 1人暮らしの部屋探しと1人暮らしの部屋の間取り

1人暮らしの部屋探しと1人暮らしの部屋の間取り

進学や、就職で1人暮らしをスタートする人も多いと思います。
1人暮らしを始めようと考えるのであれば、まず部屋を探さなければいけません。
部屋の立地や、間取りが合わないと生活が不便になってしまい、楽しい生活とはいえなくなるでしょう。
そうならないために、部屋選びにこだわってみましょう。最近は1人暮らし向け賃貸物件の数も充実しています。
数が多いと言うことは、幅広く探すことができます。そのため理想の部屋を見つけやすいと言えるでしょう。
たくさんの情報を集めた上で、自分に合う部屋を見つけてみましょう。

■部屋探し
まず自分の住みたい部屋の条件を考えて見ます。具体的には、立地、賃料、間取りなどです。
また、設備も充実しているものが増えてきているため、設備面のこだわりたいポイントも考えておきましょう。
女性であれば、バストイレ別や、独立洗面台付きなどゆずれないポイントもあるでしょう。
他にも、オートロック付きや、浴室乾燥機付きなど様々な設備があります。
最近はインターネットを使って物件を簡単に探すことができるようになりました。
仕事で忙しい人や、県外に引っ越すと言う人は特に重宝すると思います。
不動産のサイトで自分の条件やポイントを入れることで、たくさんの部屋が検索されるはずです。
時間がある人は、不動産屋に直接行き、部屋を探す方法もあります。
担当の人がついてくれて、プロ目線で色々とアドバイスしてくれるでしょう。
部屋探しに行き詰った場合でも、悩みを相談できるのではないでしょうか。

■1人暮らしの間取り
進学で1人暮らしをするのであれば、立地的には学校の近くが理想的です。学生であれば、賃料も低めのほうがいいでしょう。
学生の1人暮らしにはワンルームや1Kの間取りの部屋が人気があります。
ワンルームや1Kの間取りでも、設備にこだわりたい人も多いと思います。しかし、設備が充実していると賃料も高くなりやすいです。
予算の関係で、設備を迷うこともあるかもしれません。
その場合は立地を、駅から距離があるところを選ぶだけで賃料は低くなる傾向にあります。立地の幅を広げて探してみるのいいでしょう。
社会人の1人暮らしであれば、1Kワンルームより少し広めの部屋を求めている人が多くなります。
1DKや1LDKだと1人暮らしでもスペースにゆとりが持てると思います。寝室と食事スペースわけることができるので生活のメリハリがつきます。
自分の生活スタイルを考えて、部屋探しの条件に優先順位をつけると探しやすくなります。
優先順位に基づいて、快適に過ごせる1人暮らしの部屋を見つけてみましょう。

【関連リンク】

1人暮らしの部屋探しと1人暮らしの部屋の間取り ページ上部へ戻る