部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前周辺のアパートで静かな暮らしを実現しよう

博多駅前周辺のアパートで静かな暮らしを実現しよう

賃貸物件は大きく分けて、アパートとマンション、そして一戸建てに分けることができます。
さらに店舗や事務所、駐車場などもありますが、住居として借りる時は先の3種類の中から選ぶ事が多いと思います。
集合住宅と一戸建ての違いは誰でも明確に分かるとは思いますが、アパートとマンションこの二つはどうでしょうか。
なんとなくの違いは分かっていても、明確な違いが分からない方が多いと思います。
確かに、アパートとマンションにはこれといった違いが法律などで決められているわけではありません。
そのため、同じ賃貸物件でもアパートと書いてある場合やマンションと書いてある場合が考えられます。
アパートとマンションの違いは、不動産会社のほうで決めていることが多いです。
博多駅前で賃貸物件を探す前に、アパートとマンションの違いを知っておきましょう。

■アパートとマンションの違い
アパートとマンションの違いはたくさんありますが、まずは構造によって分けられていることが多いです。
アパートは木造や軽量鉄骨造で作られていて、マンションは鉄骨造や鉄筋コンクリート造などで作られていることがほとんどです。
これらの構造による違いで不動産会社ごとにアパートかマンションかを判断している場合が非常に多くなっています。
木造は木材なので弱く思われがちですが、決してそんなことはありません。
柔軟性などがあるため、耐震性なども申し分ありません。
また、鉄筋コンクリート造などの方が遮音性が高く、それを理由にマンションを選ぶ方も多いでしょう。
ですが壁の薄さによっても遮音性などは大きく変わってくるため注意が必要です。
実際に賃貸物件を探すときには、マンションだからアパートだからと先入観を持ちすぎないことが大切です。
マンションでも音が聞こえやすい物件もありますし、逆にアパートでも音が聞こえにくい物件もあります。

■立地条件も違う
マンションとアパートと聞いて、建っている場所をイメージすると違うことに気づくのではないでしょうか。
博多駅前など、街の中心部に近いところではマンションの方が多いことが分かります。
アパートとマンションの違いの一つに、建っている場所というものがあります。
やはり駅前にはマンションが多く、非常に便利で都会的な生活ができます。
アパートはどちらかといえば郊外に建っていることが多く、閑静な住宅街でもアパートの方が良く見かけます。
そのため、静かな環境で暮らしたいという方にはアパートの方が合っているといえるかもしれません。

アパートとマンションの違いを知って、賃貸物件選びの参考にしてみてはいかがでしょうか。
静かな環境も、都会的な環境も賃貸物件によって実現することができます。

【関連リンク】

博多駅前周辺のアパートで静かな暮らしを実現しよう ページ上部へ戻る