部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 車は勿論自然薯でも知られている豊田市の賃貸

車は勿論自然薯でも知られている豊田市の賃貸

豊田市と聞くと、大手自動車会社を思い浮かべる人も多いと思います。
豊田市の事を色々調べて行くと、「自然薯」でも知られている事が見えてきました。

■「自然薯」とはどういうものか
日本原産の野生種で、長いもとかヤマイモとは別物になります。
摩り下ろしてとろろにするととても似ていますが、粘り気が全く異なるためすぐに見分けがつきます。
自然薯は、とろろ状になった状態で持ち上げると、全部が持ち上げられる程、粘り気が強いです。
自然に生えているため、真っ直ぐ成長しているものは少なく、曲がって成長している事が多く、掘る際にはとても注意が必要です。
途中で折れると価値が下がってしまいます。
地上にツルが伸びているので、どこに有るか見つける事は可能です。食べ頃を狙っていると、葉が落ちてしまった後のため、見つけづらいそうです。
しかし、食べ頃を狙っていると、葉が落ちてしまった後のため、見つけづらいそうです。

■自然薯の効能
自然薯には滋養強壮の他、強精、アンチエイジング、胃の消化を助け消化の吸収効率を高める作用もあると言われています。
その他にも、ガンの予防やコレステロールの低下などの効果も有ると言われています。

■自然薯の「むかご」
自然薯は聞いた事があっても「むかご」を知らない人も多いのではないでしょうか。
「むかご」とは、自然薯やヤマイモのツルにできる直径5ミリから10ミリ程度の小さなイモのことです。
長いツルになると、一つのツルに100個近くなる事もあります。
ツルが枯れる頃には、「むかご」は地上に落ち、それからまた、根が出て、ツルが伸び新しい自然薯が育っていくのです。
そのむかごを使ったレシピに「むかご飯」というものがあります。「栗ご飯」の「むかご」版と表現するとわかりやすいでしょう。
むかご自体はお芋のようなホクホクとした食感です。
秋ごろになると道の駅や近所の産直で「むかご」を販売しているところもありますので、見かけた際は一度試して見てください。

豊田市の中でも、旭地区が特に自然薯の生産が盛んで、「夢とろろ」という品種で贈答用などにも人気です。
11月下旬に「じねんじょフェスタ」が開催されると多くの人で賑わうようです。
豊田市から旭地区へはバスなら約1時間、車なら30分程の距離にあります。
豊田市の賃貸に住んでいる方でも、行ける距離となっています。

豊田市駅近辺賃貸アパートの家賃相場
一人暮らしの方向けのワンルームや1Kで4万5千円から5万円前後が多いようです。
新婚さんやカップルの方向けの1LDKから2DKでは、6万円前後から探せるようです。
ファミリー向けであれば2LDKから3DKで6万5千円前後が相場のようです。
豊田市にお住まいを予定している方は、自然薯が美味しい旭地区にも出かけて見てはいかがでしょうか。

【関連リンク】

車は勿論自然薯でも知られている豊田市の賃貸 ページ上部へ戻る