部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 冷めても美味しい唐揚げのお店が多い中津市の賃貸

冷めても美味しい唐揚げのお店が多い中津市の賃貸

中津市は大分県の西北端にあります。北は周防灘に面しており海の玄関口の役割も持っています。
自然も豊かで、農業も盛んに行われています。白菜や大分味一ネギなどの特産品も多く有ります。
また、中津港は多目的国際ターミナルの整備が進み、それに伴って有名な日本車の工場や本社が移転して来ました。
そのため、自動車部品の搬入や完成した自動車の積出港として取り扱い貨物量も大幅に増えています。
今後更に雇用も生まれ、中津市に移り住む人もますます多くなる事でしょう。
中津市は、大分県の市ですが、隣の福岡県との結び付きが強く、福岡県へ通勤、通学する人が多いという特徴もあるようです。
つまり、中津市はベッドタウンとしての役割を果たす街という事になります。
通勤や通学で電車を使う人も多いと思います。そのため駅周辺は人気エリアといえるでしょう。しかし中津駅近辺の賃貸物件の家賃はとてもリーズナブルです。
一人暮らし用ワンルームや1Kでは、3万5千円から4万円前後が多いようです。
カップルや新婚さんなど二人で住むのであれば、1LDKから2DKのタイプは4万5千円前後で探せるようです。
ファミリー向けであれば2LDKから3DKでも5万5千円前後で物件を見つける事ができるようです。

■中津市の唐揚げ。
中津市は、「日本唐揚協会」公認の唐揚げの聖地とされています。
その由来は、昔、中津市には多くの養鶏場が有り、鶏肉が手に入りやすかったためと言われています。
他にも、旧満州からの引きあげ者が、中国の唐揚げを再現したという話など色々な説があるようです。
中津市には沢山の唐揚げ専門店が有り、持ち帰りを専門にしているところも有ります。
多くのお店が注文を受けてから揚げているようですが、中津の唐揚げは冷めても美味しくなるように工夫されています。
お土産に買って帰っても美味しく頂けるように配慮されたのでしょう。

唐揚げというと、唐揚げが好きな人は多いのではないでしょうか。
日本には唐揚げの協会も有り、毎年唐揚グランプリを開催しています。
それほど、唐揚をこよなく愛する人が多く、唐揚に力を入れているお店も沢山あるという事でしょう。
一般家庭でも唐揚げは良く作られているのではないでしょうか。大人から子どもまで幅広く愛されるメニューの一つです。
唐揚げで難しいのは、専門店のようなジューシーで衣はカラッとさせる事です。料理上手の人であれば、唐揚専門店に負けない人も多いと思います。
唐揚げを上手に揚げるコツは色々有るようです。
衣をキンキンに冷やしておくと、衣と油の温度差でカラッと揚がると言われています。
また、衣をデンプンの多い片栗粉にするとカラッと揚がるという説や、2度揚げする事で空気に一度触れさせる事でとカラッと揚がる等あるようです。

中津市で素敵な賃貸を見つけたら、唐揚げの美味しいお店も是非見つけてみて下さい。

【関連リンク】

冷めても美味しい唐揚げのお店が多い中津市の賃貸 ページ上部へ戻る