部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 鉄道ファンも多く集まる鉄道の街吹田市の賃貸

鉄道ファンも多く集まる鉄道の街吹田市の賃貸

吹田市といえば、1970年に日本万国博覧会が開かれ、その時の太陽の塔が今も残されている事で知られています。
吹田市は大阪府の中でも、治安が良い事と、子どもたちが遊べる公園も数多く有り、賃貸をお探しの方には安心して住める街ではないでしょうか。
梅田新大阪への交通アクセスも充実しており、閑静な住宅街が多く、ベッドタウンとしての役割を果たしています。
吹田駅南千里駅などの近くに賃貸を見つける事ができれば、生活に不便は感じないようです。
南千里駅の近くであれば家賃相場も比較的抑えめに設定されているようです。
1人暮らしであれば、ワンルームから1Kで5万円から6万前後が多いようです。
新婚さんやカップルの方で住むのであれば、1LDKから2DKで8万円前後となっているようです。

また、吹田市は、「鉄道の街」としても有名で、鉄道と共に街が発展してきた歴史があります。
JR東海道線、地下鉄、私鉄、モノレールなど鉄道が整備され市民生活を潤して来たようです。
「鉄道の街」をもっと広めるため、イベントも開かれるため、鉄道ブームの今は沢山の鉄道ファンが集まるでしょう。

最近はテレビでも鉄道ブームが取り上げられる機会が増えてきています。
鉄道ファンが鉄道の面白さをテレビなどで話す事で、鉄道ファンではない人でも楽しむ事が出来、更に鉄道ファンが増えているのかもしれません。
鉄道ファンにも色々なジャンルがあるようです。
写真を撮る、「撮り鉄」。音を録音して楽しむ「録り鉄」。実際に色々な所へ行く「乗り鉄」。鉄道のキップや部品などを集める「収集鉄」。
鉄道模型を楽しむ「模型鉄」。鉄道無線を傍受する「受信鉄」。廃止直前のラストランが好きな「葬式鉄」などがあります。
他にも、駅中のそば屋好きの「駅そば鉄」や、時刻表を見て、乗り継ぎなどを想像しながら楽しむ「時刻表鉄」。
鉄道好きの子どもを「チビ鉄」や、鉄道好きの子どもの影響で鉄道ファンになった「ママ鉄」。鉄道ブームとアイドルブームの融合「鉄道アイドル」もいます。
今後も、どんどん新しい鉄道ファンの名前が作られて行くかもしれません。

最近でいうと、2015年3月に北陸新幹線が金沢開業し、沢山のイベントが開催され多くの鉄道ファンが集まったようです。
来年、2016年3月には、本州と北海道が新幹線で結ばれます。
新青森駅から新函館駅北斗までが開業予定となっており、鉄道ファンにとっても待ち遠しく思っている人は多いのではないでしょうか。

【関連リンク】

鉄道ファンも多く集まる鉄道の街吹田市の賃貸 ページ上部へ戻る