部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 子育てしやすい環境の荒川区で賃貸物件を探す

子育てしやすい環境の荒川区で賃貸物件を探す

東京都は日本の中心となる大都市というだけあって人口も多く、各行政の子育て政策も充実しています。
どこに住むかによって受けられるサービスが変わるため、子育て世帯の賃貸物件探しは情報収集が大変です。
各行政のサービスの他にも、どのような街づくりが行われているかをチェックすることも重要です。
助成金が多くもらえたとしても、公園の少ない地域であったり夜まで騒がしい地域であたtりすると、子育てしやすいとはいえません。
東京23区では、どの区もそれぞれの子育てのしやすさがありますが、荒川区も子育て世帯に向いている区と言えます。

■荒川区が子育てしやすい理由
荒川区が子育てしやすいといえるのは、その街づくりです。
例えば、他の地域と比べて街灯の数が多いので、安心して帰宅できます。
荒川区は、場所によっては道が狭く入り組んでいる地域もあるのですが、街灯があれば日が落ちてからも歩きやすくなります。
特に都心部の住宅街では、夜遅くに帰宅する家庭も多いので住宅の照明が付く時間も遅く、窓から漏れる光がないので街が真っ暗になってしまうものです。
そういった点でも、街灯がしっかり整備されていると、各住宅の照明がともるまでの時間でも安心して歩くことができます。
また、公衆トイレや消火栓の設置数が多いというデータもあります。
施設で言えば、病院や薬局も充実していますので、子どもの体調に変化があったらすぐに対応することができそうです。

■個性豊かな荒川区の街
荒川区というと下町という印象を持つ人が多いと思います。
荒川区は東京23区のうちの一つで、人口は約20万人、下町ならではの個性豊かな街が詰まった区です。
賃貸物件探しの際には、その街の雰囲気をみて自分が好きだと思える街に住みたいものです。
荒川区の中で最近賃貸物件探しに人気の街の一つが、南千住です。
南千住は駅周辺の再開発が進み、新築の賃貸物件やリノベーションを行った賃貸物件が多くなっています。
駅前には複合商業施設や大規模なマンションがあり、大変便利な街になっています。
この再開発によって、江戸の歴史を感じる古くからの街並みときちんと整備された新しい街並みが共存するエリアとなりました。
子育て世帯の暮らしやすさについて言えば、車道と歩道がきちんと分けられているため安全に子どもと歩ける再開発エリアも住みやすいと言えます。
公園も計画的に配置されているので、子どもを遊ばせる場所にも困らないでしょう。
また、昔ながらの近所付合いが多く、街の人たちが子どもを見守る環境が出来上がっているのは昔ながらの地域です。
最近ではあまり見られなくなったご近所の交流は、防犯面でも効果を発揮します。
賃貸物件を探す際には、南千住の中でも各家庭のライフスタイルによってエリアを選ぶと良いでしょう。

【関連リンク】

子育てしやすい環境の荒川区で賃貸物件を探す ページ上部へ戻る