部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 企業などが多い博多駅前でマンスリーマンションを借りよう

企業などが多い博多駅前でマンスリーマンションを借りよう

博多駅前には多くの企業などがあります。
また九州新幹線が開業したことにより、出張や単身赴任で博多へ訪れる方も増えてきています。
博多駅前は働く方にはとても便利な地域になっています。
企業が多いことで働く場所も多いですし、社会人の方でも新しく住み始めやすい環境なのではないでしょうか。
そして交通アクセスのしやすさなどからも、出張などに行きやすくなっています。
博多へ来る人はもちろん、博多から他の地域へも行きやすいということも特徴です。
新幹線はもちろんですが、空港などが近くにあるため海外から来る方も多くなっているでしょう。
そんな働く上でも便利な博多ですが、期間が決まっている単身赴任のときなどにはマンスリーマンションを借りる方も多いと思います。
マンスリーマンションは非常に便利ですが、借りたことがない方には分からないことが多いです。
単身赴任の時にはマンスリーマンションで暮らしてみましょう。

■マンスリーマンションと普通の賃貸物件の違い
マンスリーマンションと通常の賃貸物件の違いといえば、まずは契約期間です。
普通の賃貸物件の場合、年単位での契約、特に二年契約の場合が多くなっています。
二年が経ったら契約更新をして同じ賃貸物件に引き続き住み続けることができます。
ですが単身赴任で住む場合には、二年も住まない可能性があります。
そういったときにはマンスリーマンションに住むといいかもしれません。
マンスリーマンションは月単位での契約ができます。
そして、敷金や礼金が必要ないということもマンスリーマンションの特徴です。
普通の賃貸物件ではもちろん必要ですが、マンスリーマンションには必要ないため、初期費用が安く抑えられることもあります。
そこで注意しなければいけないことは、マンスリーマンションは前払いであるということです。
事前にお金を払って住むことになりますので、毎月に換算すると安くなるかもしれませんが、一括で払う金額は多くなります。

また、水道やガス、電気料金などはその初期費用に含まれている場合が多いです。
そのため、毎月支払うことなく暮らしていけるということも大きな特徴になるでしょう。
もちろん一括で納めているため、ガスや水道なども遠慮せずに使っていったほうがいいかもしれません。

家具や家電が最初からそろっているということも大きなメリットです。
単身赴任などは急に決まることもありますから、家具などを買い揃える時間がない場合もあるでしょう。
そういったときにも、マンスリーマンションではほぼ手ぶらで行って生活することができます。

忙しい社会人には味方になるといえるマンスリーマンション。
博多駅前に出張や単身赴任で行く際にはマンスリーマンションで生活してもいいかもしれません。
期間などによっては、賃貸物件よりもお得に生活できるでしょう。

【関連リンク】

企業などが多い博多駅前でマンスリーマンションを借りよう ページ上部へ戻る