部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多でマンスリーマンションを上手に活用するには

博多でマンスリーマンションを上手に活用するには

博多という街をご存知でしょうか。
福岡県福岡市の中心地である博多は、交通のアクセスがよく利便性の高い街です。
その交通機関は、新幹線やJRの各種在来線などの鉄道はもちろん、福岡空港が近くにあることから、空路も充実しています。
福岡空港の発着便は、国内線は東京大阪札幌など全国に網羅されています。
また国際線も中国、韓国、台湾などアジア各国にアクセスが可能です。
そのことから、博多は「九州の玄関口」と呼ばれ多くの人に親しまれる街なのです。
その利便性の高さから、企業の進出が相次ぎ、たくさんの労働者が集まります。
働く人の中には、転勤で博多に赴任してくる人もいれば、出張でくる人もいます。
出張で博多に訪れる人のほとんどがホテルに滞在するでしょう。
しかし、長期で滞在する場合は費用がかさんでしまいます。
そういった人にとって便利なのが、マンスリー契約ができる物件です。
インターネットで賃貸情報や宿泊するためのホテルを検索していると、「マンスリー」という単語を目にすることがあると思います。
また、大手不動産会社のテレビコマーシャルでも、見聞きすることがあるでしょう。
「マンスリー」とは、文字通り月単位での契約を意味します。
通常賃貸契約の初期費用には、敷金や礼金、仲介手数料などの費用がかかります。
しかし、マンスリー契約する物件の場合は、滞在する期間分の賃料を支払えばよいのです。
その費用には、水道光熱費にかかる費用も含まれているため、賃貸契約以外の面倒な手続きを省くことができます。
マンスリー契約を利用する人は、長期出張の人に限りません。
マンスリー契約はどのような人にとって便利な環境なのかを紹介します。

■マンスリー契約はこんな人に便利
まず前提にあるのが、博多に滞在する期間がある程度決まっている人です。
それに該当する人とはどんな人でしょうか。
たとえば、通院する人もしくは入院する人に付き添う家族がそれにあたると考えられます。
博多のような大都市には、大きな病院が存在します。
地方の病院で治療が不可能な病気の場合、治療や手術のため、大都市にある大病院で高度な先進医療を受ける人も少なくありません。
通院が長期にわたる場合や頻繁に通う必要がある場合、自宅から何度も通うとなるとどうでしょう。
交通費と宿泊費に膨大な費用がかかってしまいます。
そういう人がマンスリーマンションを利用すれば、大幅な費用削減につなげることができます。
期間限定的に長く滞在する場合は、マンスリーマンションを活用することをおすすめします。

【関連リンク】

博多でマンスリーマンションを上手に活用するには ページ上部へ戻る