1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 博多駅前の賃貸マンションで暮らすときにはスリッパを忘れずに
このエントリーをはてなブックマークに追加

博多駅前の賃貸マンションで暮らすときにはスリッパを忘れずに

博多駅前には数多くのマンションがあります。
分譲マンションや賃貸マンションなど、様々な物件が建ち並んでいますし、暮らしている方も多くいるでしょう。
賃貸マンションで暮らしていく上で、色々な悩みがあると思います。
たとえばお隣さんとの交流です。
お話が好きな方ですとあまり苦痛に感じたことがないかもしれませんが、全員がそうとは限りません。
交流を持たなければいけないけれど、でもどこまで踏み入れて良いのかが分からないという方も多いでしょう。
あまりにも交流を持たないということもできませんし、人間関係の悩みはどの状況でも付き物です。
また、困った住人の方に悩まされている場合もあるかもしれません。
騒音や異臭など、トラブルに悩まされることは誰にでもあることでしょう。
賃貸マンションは集合住宅です。
自分がトラブルの原因にならないように少し気をつけてみましょう。

スリッパ一つでも解決できるかも

集合住宅での大きなトラブルの原因の一つに、騒音というものがあります。
テレビの音や足音など、本人は何気ない行動をしていても聞いている側にはうるさく感じることがあるでしょう。
一度でも足音が気になったことがあったら、まずはスリッパを履いてみましょう。
たかがスリッパで、と思うかもしれませんが、スリッパを履くだけでも効果があります。
スリッパは音を吸収してくれますので、騒音対策にはもってこいです。
また厚めのスリッパを選ぶことで、更に音を吸収する効果が得られます。
スリッパを履いて歩くことで、ドタドタを歩くことも減るでしょうからそういったことでも効果があるかもしれません。

窓を閉めよう

他のお部屋からの話し声や外の音が気になるときには、窓を閉めてしまいましょう。
窓一枚でも遮音効果がありますし、こちらの声が漏れることも防ぎます。
博多駅前ですと深夜まで多くの人通りがあるため、うるさいと感じることがあるでしょう。
やはりそういったときも窓を閉めることで、声を遮ることができます。

また、テレビなどはなるべく壁側につけて置くことはしないようにしましょう。
壁が薄い賃貸マンションの場合、テレビの音が聞こえている可能性があります。
壁から離しておくだけでも、音が聞こえることを防ぎます。

防音対策のアイテムを使用しなくても、ちょっとした工夫で音が漏れることを防ぐことができます。
自分から対策することで、他の人とのトラブルになることを防ぐことができますし、ちょっとしたことから始めてみましょう。
博多駅前の賃貸マンションを借りるときには、音について一度考えてみましょう。

博多駅前の賃貸マンションで暮らすときにはスリッパを忘れずに ページ上部へ戻る