部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 学問の神様が近い歴史ある街筑紫野市での賃貸生活

学問の神様が近い歴史ある街筑紫野市での賃貸生活

福岡県は九州の北部に位置し九州地方の中では一番人口が多い県です。
北に日本海、東に瀬戸内海、筑紫山地が県の中央に連なっており川沿いには平野が広がり水田地帯が多くあります。
壱岐や対馬を挟んで韓国の釜山までは約290キロと東京より近く、港や空港からの移動が便利なため国外からの観光客が多い県でもあります。
福岡県の内陸部に位置し寒暖の差が大きく、九州地方にあっては積雪の多い地域に入るようです。
そんな福岡県中部の筑紫野市に賃貸物件を探そうかと思っているあなたに筑紫野市と最近の賃貸物件の傾向に増えてみたいと思います。

筑紫野市
筑紫野ニュータウンが開けたことにより人口は増加の傾向にあり、地区内を管轄する行政機関の税務署、法務局、警察署などがあります。
万葉の昔から筑紫野市は政治と文化の中心にあり現在も史跡が市内のいたる所にあり現在も万葉の名残をとどめています。
学問の神様を祀る太宰府天満宮は日本全国の天満宮の総本社でも梅の花でも有名な場所でもあります。
古くからの歴史にまつわる建造物や古書、碑などが多く残るところですから古代ロマン好きの方にはあこがれの地ではないでしょうか。
産業としては広い平野を利用した農業が盛んで農産物である米を利用した味噌や醤油、酒などの加工品などがお土産としては有名です。
おいしい農産物や加工品は点在する道の駅などで求める事が出来るでしょう。

■周辺交通
日本全国的にも廃止に追い込まれている路線バスは多く、福岡県内においても同様で筑紫野市では市費により補填され運行されているのが現状です。
マイカーブームでバスの利用者は減少の一途ですが高齢者には必要なもの、時にはバスを利用しての史跡めぐりなどもいいかもいいかもしれません。
中心街は昔からの街並みがそのまま残っている場所も多く道幅が狭く迂回を必要とする地域もあるようです。

古い街並みを残しつつの市街地開発はまだ始まったばかりのようですが隣接する福岡市には案時間で移動できる範囲です。
最近は少子化に伴い核家族化が進み、妻、夫の両親の老後を見なければならないということも多く、賃貸物件でも家族で住めるような部屋数を有する物件の需要があるようです。
二世帯住宅とはいかないまでも同じマンションなどに階を変えて住むという家族もあるようです。
高級マンションにはマンション内に1階2階を使えるメゾネットタイプ賃貸物件もあります。
それぞれのご家庭の生活の形に合ったタイプの住居が見つかれば生活も安心できるでしょう。
そんな賃貸物件探しにはやはり信頼できる不動産会社が不可欠でしょう。

【関連リンク】

学問の神様が近い歴史ある街筑紫野市での賃貸生活 ページ上部へ戻る