部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. ベッドタウン四街道しの魅力と周辺の賃貸物件の家賃相場

ベッドタウン四街道しの魅力と周辺の賃貸物件の家賃相場

ベッドタウンという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
ベッドタウンとは和製英語ですが、働いている人々が夜になると寝る為に帰ってくる場所の街という意味があります。
ですから、都心部ではなくやや離れた位置にあり、住宅地が多い場所はベッドタウンと呼ばれることがあります。
明確な定義はなく、昼間と夜間の人口に大きく差があるとベッドタウンと呼ばれる傾向があるようです。
千葉県の北側に位置している四街道市は、人口約9万人(2015年2月)の街です。
住宅やマンションが多いので、この四街道市もベッドタウンと呼ばれている地域です。
しかし、ベッドタウンという言葉は近年マイナスイメージのある言葉となっているようです。
そんなイメージを払拭する為、四街道市の魅力を紹介していきます。

■四街道市の魅力
ベッドタウンにマイナスイメージがある原因は、「考え方に差がある」というのが理由ではないでしょうか。
ベットタウンは、つまらないし栄えていないから、中心地のほうがいい。
仕事も多くて、趣味が楽しめる中心地がいい。そういう考えを持った若い人が多いようです。
間違っているわけではありませんが、その考え方は大きな差を生みます。
確かに四街道市には、大きな商業施設やオフィスビルはありません。
しかし、かわりにたくさんの自然があり、幼稚園や保育園などの託児所や小中学校がたくさんあります。
家庭を持つ人ならば、子育ては自然が多くのびのびできる環境を選びたいという人は多いのではないでしょうか。
子供が遊べる環境や、学べる環境が多い場所を選びたいとも考えるはずです。
四街道市は子育て支援も行っており、医療費助成制度が充実しています。
中学生までの子供なら自己負担や所得制限なしで通院や入院が可能となっているのです。
治安が良く、家族と安心して暮らすことができる四街道市は、人々の生活の基盤になる大切な場所なのです。
若い人が求める刺激ある環境と、家庭を持つ人が求める安心して暮らせる環境では、見方に大きく差がでてしまいます。
それがベッドタウンはつまらないというマイナスイメージへ繋がってしまったのではないでしょうか。
ベッドタウンの魅力がわかれば、そこで住みたいと感じる人も多いでしょう。

■四街道市の賃貸物件の家賃相場
四街道市の賃貸家賃は、都心に比べると安い値段となります。
四街道市は一人暮らし用のワンルームや1Kの賃貸物件の入居募集はあまりありません。
そのかわり、二人暮らし用の賃貸物件の募集は多くあります。
1LDKから2DKの賃貸物件の家賃相場は5.5万円前後となり、もうすこし間取りの広い2LDKから3DKは6万円前後となっています。

あくまで相場となりますが、四街道市で賃貸物件を探すときは参考にしてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

ベッドタウン四街道しの魅力と周辺の賃貸物件の家賃相場 ページ上部へ戻る