部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 札幌の賃貸物件の特徴を不動産会社に聞いてみよう

札幌の賃貸物件の特徴を不動産会社に聞いてみよう

本州から離れて、北海道札幌市に転勤になる方の多くが気になるのは雪ではないでしょうか。
雪の降る地域に住んだことがない方は特に不安になるかと思います。
札幌の賃貸物件は、雪に対してどんな対策がとられているのでしょうか。

■札幌(寒冷地)ならではの雪対策設備
雪に慣れてない地域から札幌の賃貸物件を探す際に、お勧めの設備があります。
雪がよく降る土地では、雪かきはつきものです。
そんな雪かきを楽にしてくれる設備が「ロードヒーティング」です。
「ロードヒーティング?」と聞きなれない方がいらっしゃるのではないでしょうか。
ロードヒーティングとは、道路の下に放熱体を敷いて路面の凍結防止や雪を融かしてくれるシステムのことをいいます。
交通量の多い道路や、急な坂道などに設置されていることが多いですが、札幌では民家の敷地内に設置している方も少なくありません。
北海道は広いため、札幌近郊に遊びにでかける分には不便はしませんが郊外となると車があった方が便利といえます。
なぜなら、交通機関がバスのみの土地もあるからです。
ただし、自家用車を持ってくると冬の雪かきが大変になるかと思います。
そういった方には、車庫付きの賃貸物件が良いでしょう。
出勤前に車の雪下ろしに時間をさかれることはなく、仕事前から疲れる心配はありません。
駐車場や賃貸敷地内にロードヒーティングが設置されていて、さらに車庫付きの物件だとより快適に暮らせます。

■寒さ対策のされた賃貸
雪対策を知ったら、次の心配事は寒さ対策なのではないでしょうか。
賃貸物件の設備を見ると時々目にするのが、復層ガラス、二重窓、ペアガラスなどと呼ばれている窓の設備です。
窓ガラスが複数枚重なっていることによって断熱効果があり結露防止にもなるので、室内温度が下がりにくくカビが生えにくくなります。
さらに防音効果もあるので、雪が吹雪いているときなどの風音があまり気にならないのではないでしょうか。
また、寒冷地の賃貸物件には、最初からFF式ストーブやガス暖房、灯油暖房が設置されているところが多いです。
引越しした際に家財道具を揃えなくてはならないので、暖房器具が最初から備わっていると非常に助かります。

賃貸物件を探すときにあると快適に過ごせる設備を知ることができたのではないでしょうか。
なお、ご自分で用意した方がいい物は雪かきスコップや融雪剤です。
雪が降る札幌に住む際にあると便利な物は、不動産会社に質問してみるのが一番いいのかもしれません。

【関連リンク】

札幌の賃貸物件の特徴を不動産会社に聞いてみよう ページ上部へ戻る