部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしのお部屋の見本となるインテリア情報

一人暮らしのお部屋の見本となるインテリア情報

最近では一般向けのお部屋の見本となるインテリアの雑誌等が増加しています。
お部屋のレイアウトやお部屋に合うインテリア選びなど暮らしの基盤となる室内もおしゃれになってきています。
間取りによってレイアウト法や家具の大きさなども異なってきますが、一人暮らし向けのワンルームや1Kを対象にしたお部屋のインテリア情報も多いです。

一人暮らしのお部屋のインテリア
一人暮らしの間取りはワンルームや1Kが多く、室内面積も限られてしまいます。
その限られたお部屋がより使いやすく暮らしやすい状態になれば住む人も気持ちいいものです。
ちなみに、インテリアは室内においての装飾品のことを指します。
じゅうたんや家具、それから照明家具、カーテンなどが挙げられます。
また、お部屋の雰囲気作りに大切なことは、自分が過ごしやすくストレスを感じないようにすることです。
ストレスを感じてしまうお部屋は快適な暮らしとは言えません。
雰囲気作りには色や模様、家具等の素材感などが影響されます。テイストを統一することで落ち着いた雰囲気を持たせることも可能です。
そして、一人暮らしの間取りに合わせた家具のサイズ選びも大切なことです。
それは、大きすぎるとそれだけで面積が取られてしまいますので、大きい家具は数を減らすことも圧迫感の無いお部屋に近づきます。
インテリアそのものが持つ良さや印象を活かして素敵なお部屋を作りましょう。

■お部屋の間取り活用法
部屋数が限られた一人暮らしのお部屋でも活用次第で快適な空間に変身することが可能です。
例えば、目的別の空間にしたければ間仕切りとなるスタッキングシェルフを使用すれば、収納もできて空間の切り替えも実現します。
それから、じゅうたんやラグの種類を変えておくだけで雰囲気の違う空間にもなります。
また、一人暮らしの間取りでは玄関から一室全体が丸見えになることが多いです。
これを解消するには、入口にカーテンを置く方法や見られたくないプライベートな空間のベッドの前に低めの家具をおくことで視線が行かないという方法もあります。
そして、できるだけ床面も出すこともお部屋に開放感が出て広く感じられる手法でもあります。

このように、インテリアの使い方によって広さが限られたお部屋も快適に過ごすことができるのです。
また、家具の他にも観葉食物をインテリアに取り入れることも良いです。
観葉植物からもらう癒しで暮らしに潤いが持てることでしょう。
最後に、インテリアの活用法や色や素材によって暮らしの与えられる印象は変わります。
自分にとって過ごしやすいお部屋作りを楽しみながら行いましょう。

【関連リンク】

一人暮らしのお部屋の見本となるインテリア情報 ページ上部へ戻る