部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前のマンスリーマンションを上手に活用する方法

博多駅前のマンスリーマンションを上手に活用する方法

出張などで博多に訪れる場合に、マンスリーマンションを選ぶ人も少なくないでしょう。
マンスリーマンションは、博多駅前のような企業が集中しているところに多くみられます。
滞在する期間が一週間程度であればホテルを利用する人もいるでしょう。
しかし、期間が一ヶ月を超える長期であれば、マンスリーマンションを利用したほうがお得な場合があります。
マンスリーマンションといっても、勝手が分からなければ気軽に利用することは難しいと思います。
博多駅前に長期出張するためにマンスリーマンションを利用するなら、どんなメリットがあるのか知っておくとよいでしょう。

■マンスリーマンションとは
マンスリーマンションとは、月単位で契約するマンションのことをいいます。
マンションなのに、敷金礼金などの初期費用は不要で、滞在する期間分の賃料を支払えばよいのです。
そこはホテルと同様ですが、宿泊費はホテルより安く済ませることができます。
部屋の内部は通常のマンションと同様で、キッチンやバストイレ、そして居室スペースがある部屋になっています。
ビジネスホテルのシングルルームは狭く、圧迫感を感じてしまいます。
しかしマンスリーマンションであれば、ホテルにくらべると広い空間で生活することができるのです。
出張の場合、宿泊費は会社が経費負担をしてくれると思いますが、食事の手当てが少ない、あるいは無い場合もあります。
マンスリーマンションならキッチンで自炊をすることができるので、出張中にかかる食費を抑えることができます。
そして、博多駅前には百貨店やスーパーがあるため、食材の購入にも不自由しません。
マンスリーマンションには、家具や家電がついている物件がほとんどです。
そのため冷蔵庫を利用すれば、食材の保管にも大変便利です。
また博多駅前には、さまざまな種類の飲食店が充実しています。
もし外食や出来合いのもので済ませる場合でも、手軽に食事を楽しむことができます。
そして出張期間が長期の場合でも、飽きずに食事をすることができるのも魅力的です。
マンスリーマンションは、通信設備がついていて、インターネット使い放題の物件もあります。
そのため、自宅で仕事をしたり、一人の時間をインターネットで楽しんだりすることができます。
このようにマンスリーマンションには、ホテル生活には無い利便性がたくさんあります。
お仕事で長期的に博多へ訪れる際は、博多駅前のマンスリーマンションを利用してみるのもよいでしょう。

【関連リンク】

博多駅前のマンスリーマンションを上手に活用する方法 ページ上部へ戻る