部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 敷金礼金や仲介手数料などの初期費用について知ろう

敷金礼金や仲介手数料などの初期費用について知ろう

これから新生活を始める人がまず始めに気になることといえば、お部屋さがしではないでしょうか。
住む場所は生活の基本です。
どのような地域に住むか、どのような間取りの部屋に住むかを考える人は多いと思います。
しかしながら、賃貸のアパートマンションを借りるときに忘れてはいけないのがお金です。
もちろん毎月の家賃の予算はそれぞれあると思いますが、一番大きなお金がかかるのが敷金礼金、それから仲介手数料などの初期費用だということを忘れてはいけません。
賃貸アパートマンションの契約を何度かしたことのある人なら分かると思いますが、契約の際には思っているより大きな金額がかかります。
初期費用の内容を知らずにいると、契約時に驚いてしまうことになりますので、事前に知識を入れておくと安心です。

■初期費用の内容
〇敷金礼金
敷金とは、その賃貸物件を借りている期間中、大家さんに預けるお金のことで、家賃の1から3ヶ月程度かかります。
万が一家賃の滞納があったり設備を破損してしまったりしたときに、この敷金からその分の費用を差し引くことになります。
礼金とは、賃貸物件を借りる際に大家さんにお礼の意味をこめて払うお金のことで、家賃の0から2ヶ月程度必要になります。
敷金礼金は、物件によっても異なる上、地域によっても差があるので、契約の際にはきちんと確認することが必要です。
〇仲介手数料
仲介手数料とは、その賃貸物件を紹介してくれた会社に払う手数料のことです。
法律上は家賃の一か月分に消費税を足した金額が上限であると定められています。
同じ賃貸物件を借りるにしても、仲介手数料は不動産会社や仲介業者によって金額が異なります。
しかし、多くの場合は上限である家賃の一か月分とその消費税を請求するようです。
〇前家賃
初期費用には、その賃貸物件に住み始める月の家賃や管理費が含まれています。
これが前家賃と呼ばれるものです。
〇保険料
賃貸物件を契約する際には、火財保険などに加入することが条件になっている場合がほとんどです。
家財保険とは、火事や水漏れを起こしてしまった際に使える保険です。
建物が被害を受けた分の金額が支払われます。
〇その他
その他にも物件によってかかるお金があります。
たとえば、鍵の交換費用がかかる場合があります。
その他、家賃の保証会社の利用が契約条件となっている場合は、その利用料がかかってきます。

賃貸物件を契約する際に、どのくらいの金額がかかるかの予測が付けば、前もってお金の準備ができるため安心です。
契約する賃貸物件によって内容もそれぞれ異なってきますので、必ず物件ごとに確認するようにしましょう。

【関連リンク】

敷金礼金や仲介手数料などの初期費用について知ろう ページ上部へ戻る