部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 新築一戸建てを検討するなら計画を立てて費用を貯めよう

新築一戸建てを検討するなら計画を立てて費用を貯めよう

理想のマイホームを購入するために、資金計画は欠かせないものです。
自分好みの一戸建てを建てようと思っても、予算をオーバーしてしまうと購入後のローンの支払いなどで苦しくなってしまうこともあります。
ですから、無理なく予算内で憧れの新築一戸建てを購入するポイントを調べてみましょう。

■土地と建物の費用
家を建てるということは、土地の上に建物を建てるということになります。
ですから、土地と建物を購入する必要があります。
まず、土地にかかる費用を見てみましょう。
土地にかかる諸経費は、土地代と合わせて仲介手数料が掛かる事もあります。
仲介手数料の金額は土地の金額により変わってきます。400万円以上では3%プラス消費税が上限となっています。
また、土地には毎年支払う固定資産税がかかります。
土地の引渡し日が開始日となり、売主と買主のそれぞれの金額を清算するための費用です。
他にも、ローンを組む際の金融機関へ支払う手数料があります。
登記費用は、土地の所有者を売主から買主に帰るための手続き費用のことです。
抵当権という担保のことで、借り入れ金額によって異なります。
土地だけでもこれだけの初期費用が発生します。
次に、建物にかかる諸経費をみてみましょう。
まずは、建築費です。
建設業者が出す見積もり金額ですが、必ず内訳を確認することをおススメします。
建築費によって異なりますが、印紙代が発生します。
新築の建物ですから、水道を自分の土地まで引っ張る作業や下水に接続するために市へ支払う費用。
他にも、ガス管を敷地内に引き込む工事費、金融機関へ支払うための手数料など建物でも様々料金は発生します。
これらからも分かるように、諸経費がたくさん発生します。
家の購入の仕方は人それぞれですので、一概には言えませんが土地と建物プラス他に何百万円という費用がかかります。
新築の一戸建てにしたら、家具や家電などのインテリアもこだわりたいものだと思います。
引っ越しの費用や、雑費など家を建てる前にはしっかりと計画を立てることが大切です。
今支払う物、毎年支払う物の他に、ライフスタイルの変化を考えてシュミレーションしてみると良いかもしれません。
今後子どもが進学した時の教育資金だったり、老後の暮らしのことだったりと先を考えることで、予算の計画が立てられると考えられます。
予定外のことはいつでも起こり得ることです。
これらを踏まえ、しっかりと情報を集めて自己資金を蓄えておくことで、理想ではなく現実化してくるのではないでしょうか。

【関連リンク】

新築一戸建てを検討するなら計画を立てて費用を貯めよう ページ上部へ戻る