部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸マンションと賃貸アパートの違いと探し方

賃貸マンションと賃貸アパートの違いと探し方

生活の変化により、新生活を始める時には引っ越しをする時があります。
つまり、新しい住まいを探すということです。
今では、インターネットや情報誌などから気軽に情報を集めることができます。
主にインターネットが多く利用されており、自分の気になる条件を加え検索することができます。
就職や進学での引っ越しがほとんどの理由だと考えられますが、どんな理由であれ自分の暮らしやすい環境を手に入れるには選び方にコツがあるようです。

■賃貸物件を探してみよう
まず賃貸物件を探した時、目に入ってくるのは「賃貸マンション」や「賃貸アパート」ではないでしょうか。
このマンションやアパートの違いは何なのでしょうか。

○マンション
鉄筋コンクリート造の建物で階数に制限がなく、木造ではない建物です。
強度もあり、自然災害には被害が少ないと言われています。
また、近年ではセキュリティ面が強化され、防犯カメラやオートロック付きのマンションが増加しています。
中には、エントランスに管理人が常駐していたり宅配ボックスが設置されていたりなど安全対策が整えられている賃貸物件もあります。
暮らしの中で割と気になることの多い生活音なども、防音対策がしっかりとした造りなら悩まされることもありません。

○アパート
木造や軽量鉄骨造の建物で二階建てということが多い建物です。
割とリーズナブルに借りることができ、アパートを選択する人も多いのではないでしょうか。
築年数にもよりますが、築年数が経っているアパートの場合は、新築物件よりも部屋数や収納スペースが広くとられていることが多いです。
アパートでは、遮音性が低いため隣接する生活音が気になることがあります。
どちらを選択するとしても、まずは自分が絶対に譲れない条件を考えて見ましょう。
そうすることで、自分の予算や生活環境がイメージできると思います。
次に、全く気にならに条件を考えて見ましょう。
例えば、自転車や徒歩で移動を考えていた場合駅に近くなくても不便さは感じられないでしょう。
また、築年数を新築にこだわらなければ広範囲で賃貸物件を探すことができます。
マンションの方が高いと思われがちですが、築年数にこだわらなければマンションの方が安いこともあります。
気にならない条件を探してみると、利便性は低くなると思われがちですが予算も低くなり素敵な物件に出会うことができます。

■予算を見直す
これから賃貸マンション賃貸アパートを検索する場合、これらの条件と比較してみることで効率よく探すこともでき、予算内で理想以上の物件を探すことができるかもしれません。

【関連リンク】

賃貸マンションと賃貸アパートの違いと探し方 ページ上部へ戻る