部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. ペット可賃貸物件の中にはペットに配慮した物件もある

ペット可賃貸物件の中にはペットに配慮した物件もある

今までにペットを飼ったことがある人は多いのではないでしょうか。家に帰るとペットが出迎えてくれる幸せは、ペットを飼ったことがある人ならばよく分かると思います。
飼ったことがない人も、一緒に暮らしたいと考える人は多いと思います。でも賃貸物件に住んでいるから無理。そう思って諦めている方も多いのではないでしょうか。
でも諦めることはありません。探してみればペット可賃貸物件もあるのです。

ペット可賃貸物件には、大きく分けて一般的な賃貸物件でペットを飼うことが許されているペット可住宅と、ペットを飼うことを前提にしているペット共生型住宅があります。
ペット可住宅の場合は元々ペットを飼うことを念頭に作られた物件ではありません。その為ペットと快適に暮らす為の設備などはありません。
もちろんペットを飼っていない住人も住んでいます。動物が苦手な住人もいるかもしれません。ペット可とはいえ、匂いや鳴き声などに気をつけるようにしましょう。
ペット共生型住宅は、最初からペットを飼うことを前提に建てられています。
その為ペットが快適に暮らせるような設計がされており、ペット専用の設備や機能を持っておりペットと共に安心して暮らすことが出来ます。
ペットの為の専用設備は物件によって違います。参考までにペット専用設備の例をあげてみましょう。
ドア下部にペットが自由に出入りするための小窓、ペットが汚した時や破いたりした時に張り替えやすいように配慮された壁紙や、転落防止のベランダや、飛び出し防止のゲート。
散歩で汚れた足を洗う足洗い場、ペット専用トイレスペースやペットの汚物を処理する専用設備など、ペットの安全と快適性に考慮されています。
その他にも防音性を高めていたり、脱臭や抗菌機能を持たせた壁紙を使用したりと他にも様々な工夫をしている物件もあります。
また、ペット共生型住宅はペットと元に暮らすことを前提としている為、住人も動物好きばかりです。気兼ねなくペットと暮らすことが出来るでしょう。

ペット可賃貸物件で飼うことが出来るペットは物件により規則があるので注意してください。例えば犬や猫や小動物はたいていOKなのですが、大きさや犬種によってNGの場合もあります。
他にも頭数制限や予防注射が必要など等様々な規約があります。規約は集合住宅なのでお互いが気持ちよく生活するために必要なことです。
ペット可賃貸物件は敷金や礼金が上乗せされるなど初期費用や退去時にお金がかかる場合があります。

ペットを飼育する時に掛かる最初の費用や、毎月の費用はしっかりと確認しておくことが良いでしょう。

【関連リンク】

ペット可賃貸物件の中にはペットに配慮した物件もある ページ上部へ戻る