部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 家の購入前に専門家に診断してもらいましょう

家の購入前に専門家に診断してもらいましょう

現在、賃貸に住んでいて家の購入を検討している方もいるのではないでしょうか。
家の購入を考えるきっかけや購入のタイミングは人それぞれです。
家族が増えた事によって広いところに引っ越したい。
賃貸の家賃を支払うのが無駄に感じてきて家の購入を考えている、などといったことがきっかけになるのではないでしょうか。
しかし、住宅購入を検討する中で気になるのがお金のことです。
新築ではなく中古住宅購入で安く済ませたいという方のために注意すべき点もあります。

■中古住宅購入時にやっておきたいこと
中古住宅を購入する際に、物件の見学に行くかと思います。
外観、内装、水周りなど補修が必要なところなどを見られると思いますが素人には気付けない部分もあるはずです。
いざ購入してみたら予想していなかったところまで補修が必要だった、というケースも少なくありません。
リフォームするために積み立てしておいたお金が足りないなんて事にならない為に、契約前に専門家にみてもらいましょう。
建物の状態を診断してくれる「住宅診断専門家」(ホームインスペクション)とも呼ばれているようです。
一級建築士が、建物の状態をみて補修の有無を判断してくれます。
建物の劣化具合だけでなく新築時からの施工不良もわかるようです。
また、特に補修するほどでもないけれどご本人が気になるという場合でも、補修やリフォームについての相談もできるので心強いです。
専門家にみてもらう事で、どのくらい補修すればいいのか大体の予算の見通しができるのではないでしょうか。
そして、中古住宅をご自分の好きなようにリフォームしたい箇所もあるかと思います。
住宅ローンの月々の支払い額、補修費用をみて計画を立ててリフォーム費用にまわしてみてはいかがでしょう。

■周辺の環境の確認
家の購入前に調べておきたいのが、周辺の環境です。
お子様の幼稚園や保育園、学校までの距離や医療機関、交通機関の確認は必要になります。
また、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどが近くにあると便利です。
住みやすい環境かどうかは、家の購入前に事前に調べておくと安心です。

中古住宅のメリットは、新築住宅に比べて購入価格が安くなる為「ローン期間が短期」で終了することが可能です。
ローン返済期間は、築年数やローン返済額によると思いますが短期で済むとその後の生活が楽になります。
夫婦でゆっくりと旅行を楽しむとか家族で美味しい物を食べに行くなどが出来るのではないでしょうか。

【関連リンク】

家の購入前に専門家に診断してもらいましょう ページ上部へ戻る