部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 住宅を新築するときには住宅の工法のメリットと注意点を知ろう

住宅を新築するときには住宅の工法のメリットと注意点を知ろう

住宅を新築する時に予算や間取りなど様々なことを考慮すると思います。その中に住宅の工法もあるのではないでしょうか。
どの工法にも利点と注意点があるので一概にどれがいいとは言えないのです。 新築で住宅を建てるときには、かなり迷うのではないでしょうか。
耐震性やコストや間取りなど何に重きを置くかで、新築住宅の理想の工法は変わってきます。主な工法の特徴などを調べてみました。

■在来軸組工法
日本の伝統工法の流れを汲み、土台や柱や梁を組み上げて家の骨格を作り更に筋交いや補強金物を用いて建てられています。
材料が木材の為軽く加工がしやすい、増改築や移築や解体がしやすい、工費が比較的安いなどのメリットがあります。
注意点は耐火性に劣る、腐食や虫害を受けやすい、他工法と比べて木材の接合部が弱いなどがあります。が、今は構造用合板を張って強度を増す方法もあります。
あとは工期の長さや、職人さんの腕次第で出来上がりに差が出やすいなどです。
今は工場で木材を加工したプレカット材が普及しているためコストや人件費も以前より抑えられています。

■ツーバイフォー工法
ツーバイフォー工法は枠組壁工法とも呼ばれ、木材で組まれた枠組みに構造用合板を打ち付けた床や壁で建築物を作る工法です。
そのため柱や梁などはなく、床や壁などの面で構造物を支えます。名称が現わす様に主に使われる部材は2インチ×4インチです。
複雑な加工が不要で接合部の施工が単純で現場で組み立てるだけなので、職人さんの熟練を必要としません。そのため品質が均一で工期が短いです。
機密性が高く防火性と断熱性、防音性や耐震性にも優れており、省エネな住宅です。
しかし、壁で構造物を支えているために間取りや窓の位置などの自由度が少ないです。例えば、天井までの窓を付けることができないなどです。
また、同じ理由で壁の位置変更などのリフォームも困難です。機密性が高い為湿度が抜けづらいという注意点もあります。

■プレハブ工法
プレハブ工法は工場で予め部材を生産加工して、建築現場で組み立てる工法です。
プレハブ工法には、木材によるパネルを主要構造部材とする木質系プレハブ住宅。鉄骨を主要構造とし梁に壁パネルを用いるなどする鉄骨系プレハブ住宅。
鉄骨または木材をフレームとした箱を、現場で組み立てるユニット系プレハブ住宅。工事用生産コンクリートパネルなどを主要構造部材とするコンクリート系プレハブ住宅などがあります。
特徴としては、工場生産の為品質にばらつきがありません。職人の腕に左右されることもありません。
プレハブ工法は主要部材の種類により、コストや性質に違いがあるのでひとくくりには出来ません。興味がある方は各種工法を調べてみてください。

様々な工法がありますが、新築住宅に何を求めるかによって適した工法を選ぶことが出来ると思います。それぞれのメリットと注意点を検討し、満足のいく新築住宅を建てましょう。

【関連リンク】

住宅を新築するときには住宅の工法のメリットと注意点を知ろう ページ上部へ戻る