部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 歴史の街鎌倉での一人暮らしの初期費用の詳細

歴史の街鎌倉での一人暮らしの初期費用の詳細

一人暮らしとはどんな暮らしなのでしょうか。
誰にも干渉されずに自由な暮らしだったり、寂しかったり人それぞれの感情があります。
人それぞれの感情もありますが、住む地域や環境などによっても暮らしは異なるものです。
何か魅力を感じさせる地域での暮らしは日常においても潤いが与えられ充実した生活を送るサプリメントなような役割でもあります。
そこで、一つ魅力ある街を紹介させてください。

■住みたくなる鎌倉の紹介
鎌倉は歴史の時代の名前にも使われているため、比較的国民に名の知れた地域です。
鎌倉市は神奈川県にある地域で、約17万人が暮らしています。
歴史でもご存知の通り、鎌倉市には神社などの仏閣が多く学校の修学旅行の訪れ先ともなっています。
それくらい鎌倉の歴史的遺産は重要であり日本人にとっての知るべき歴史ということなのです。
また、歴史の街としての顔の他に山や海などの自然の豊かさも鎌倉の地域特色です。
この自然の豊かさは清々しさやストレスなども吹き飛ばしてくれます。
さらに、鎌倉では普段の生活の中でも四季折々の風景や日本の歴史に触れ合うことができます。
例えば、何気なく歩いている路地で生垣や草花などを通して鎌倉ならではの独特な雰囲気を味わうことができるのです。

■鎌倉での一人暮らし
日本文化に触れることでどこか安心できる鎌倉市での一人暮らしをする時にすべきこととは何でしょうか。
一人暮らしですから心の準備はもちろん必要ですが実際にかかる費用の把握が大事になってきます。

【初期費用】

○敷金は大家さんに預けるお金で一般的には家賃の1から2ヶ月分かかります。このお金は、家賃滞納時に使われたり退去時の修繕費用に充てられたりしますが、何も問題がなければ戻ってきます。

○礼金は貸してくれた大家さんに渡るお金です。これも家賃の1から2ヶ月分が一般的で、敷金と違い戻ってきませんので注意が必要です。

○仲介手数料は物件を紹介してくれた不動産会社へ渡るお金です。これは家賃の1ヶ月分が一般的です。

○管理費と共益費はどちらかで記載されることが多く、集合住宅の入居者全員に共通して使う費用です。これは一般的に数千円となっています。

○火災保険料は入居の際に必ず加入し、基本的には2年更新で更新毎に2年分の保険料を支払います。
他にも保証会社や鍵交換などを行う際にも費用が発生します。
物件によって初期費用の種類が異なりますので確認し、必要なら不動産会社へ相談もすることが大切です。

日本文化に触れることが日常的な鎌倉での一人暮らしを充実させるためにも住まいをしっかり選びましょう。

【関連リンク】

歴史の街鎌倉での一人暮らしの初期費用の詳細 ページ上部へ戻る