1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 一人暮らしの部屋を小物や色でコーディネート
このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしの部屋を小物や色でコーディネート

一人暮らしの方は、自分の気に入るようにいくらでも工夫できるというメリットがあります。
インテリアに凝るのか、カラーに凝るのかなどいろいろ想像するのも楽しいひとときなのではないでしょうか。

一人暮らしの部屋作りでセンスより大切なこととは

部屋作りで一番頭を悩ませるのは、何といっても限られたスペースだとなんだか上手くまとまらないということではないでしょうか。
もともとそんなに広いスペースというわけではないのだから、などと部屋作りを早くも挫折してしまうことはありません。
ちょっとした部屋作りのコツを知っているだけでも、出来上がる空間には違いが出てくるものなのです。

色使いに工夫をしてみる

一人暮らし用のワンルームタイプや1Kタイプでは、少し物をおいているだけでも雑然としているように感じてしまうこともあります。
そこで、部屋全体のベースとも言える壁の色に近い色で物を揃えてみるのです。
壁がベージュならインテリアもベージュっぽい色にすることで、広くすっきりとした印象になります。
家具付きの賃貸物件なら、その家具の色と同系色のもので揃えていくという感じで部屋作りをしていくのです。
ベッドカバーやテーブル、机などインテリアの色を揃えることの他にも大切なものがあります。
それは、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品です。
一人暮らし用の部屋では、冷蔵庫や洗濯機などの大型の家電製品の色も大きく関わってくるものなのです。
これから一人暮らしを始めるという方は、なるべく壁の色と同系色のものを揃えることを念頭において準備をしていくと良いでしょう。
さらに自分の個性も取り入れたいという場合には、カーテンやベッドカバー、ラグカーペットなど比較的面積の大きい布小物の模様選びを工夫してみてください。
同系色のものでも模様の違いでまた、雰囲気の違った空間を演出することができます。

一人暮らしの部屋を生かすアイディア

色使いを工夫したり、物を持たないようにしたりするほかにも知っておきたいアイディアを紹介します。
これからテーブルを買うという方なら、畳めるようなものにしてみたり、ベッドを買わずに布団を利用したりしいうのも一法です。
デスクでも大きさを変えられるようなものを選んだりして、自分が使う時間帯などによって部屋を有効に使えるようにするのです。
家電製品にも言えることですが、インテリアも早々買い換えるということがないものです。
最初から慌てて買うことはありません。ましてはじめて一人暮らしをする方であれば、必要なものもよくわからないといこともあるでしょう。
一人暮らしをスタートさせてから、使い道を自分で確かめながらゆっくり揃えていけばいいのです。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

一人暮らしの部屋を小物や色でコーディネート ページ上部へ戻る