部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしは余裕のある1DKで充実した生活を送る

一人暮らしは余裕のある1DKで充実した生活を送る

最近では未婚者が昔よりも増えて、さらに結婚する年層も上がってきているといわれています。
そのため一人暮らしをしている独身者はとても多いようです。
この一人暮らしをしている人の多くが自分ひとりの時間を充実して過ごしています。

■1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)
一人暮らしに向いている間取りといわれているのは1R(ワンルーム)と1K(ワンケー)です。
1Rと1Kの違いがわからない人は多いです。
1Rはキッチンスペースが同じ空間にあるのに対して、1Kではキッチンスペースにドア(区切り)がついているのでひと部屋とキッチンスペースというようになっています。
料理をした際に1Rでは部屋ににおいがこもってしまうことがあるので、自炊をする割合が多い女性の方であれば1Kのほうがいいかもしれません。
しかしキッチンスペースと部屋が区切られているので、そのぶん1Kは1Rよりも家賃が高くなる場合がほとんどのようです。

■1DK(ワンディーケー)
そして空間に余裕のある一人暮らしをしたいという方には1DK(ワンディーケー)の間取りがオススメかもしれません。
1DKはひと部屋とDK(ダイニングキッチン=居間と台所)がという意味で、合計で二つの部屋がある間取りのことです。
1DKでは居間で食事をとったりテレビを見たりして、もうひとつの部屋を洋服の収納スペースと寝室などのベッドルームにする人が多いようです。
このように1DKであれば1Rや1Kと比べると広いスペースでゆとりを持った生活を送ることが可能です。

■一人暮らしの間取り
一人暮らしの間取りで生活環境は大きく変わります。
自分の生活スタイルを考えて自分に合った間取りを選ぶことが大切です。
しかし1DKに住みたいと考えている人の中には家賃が高くなるから1Rや1Kに住むという人も多くいるでしょう。
少し自分の住みたいエリアを変えてみてはいかがでしょうか?
そうすることで1Rや1Kと同じ家賃でも1DKのような広い部屋がでてくるかもしれません。
エリアを少し変えるだけで家賃が大きく変わってくる地域は珍しくありません。

一人暮らしの自分の部屋、時間は日々の生活に大きく関係してきます。
自分の部屋に帰ってきた際に落ち着く空間が広がっていれば、その日の疲れも取りやすいでしょう。
ひとりの空間はとても大切なもので、暮らしやすい環境であれば今までよりも生活を充実させることができるかもしれません。
一人暮らしの間取りに悩んでいる人は自分の生活スタイルを考えてみてはいかがでしょうか?

【関連リンク】

一人暮らしは余裕のある1DKで充実した生活を送る ページ上部へ戻る