部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸を借りる前にアパートの探し方を見直そう

賃貸を借りる前にアパートの探し方を見直そう

春は新学期が始まる時期、新たな気持ちで新生活を送る人もいると思います。
進学や就職、また転勤に伴い、今まで住んでいた地域を離れて新しい地域へ引っ越しをするという経験をした人も多いでしょう。
また、これから引っ越しをするという人もいるでしょう。
新しい地域へ移る場合、アパートマンションなどの賃貸物件を探すでしょう。
子どもがいるファミリー世帯なら一戸建てを選択することもあるでしょう。
世帯形態によって、建物や間取りの種類は異なります。
多くの人が借りるアパートについて、探し方を紹介したいと思います。

■アパートの探し方その1
誰でも自宅の周りの環境は気になるものです。
女性ならその地域の治安も確認しておくことで、安心して暮らせると思います。
その為、アパートの立地はとても重要になります。
近くにコンビニやスーパー、またドラッグストアなど買い物できる店舗があれば買い物が楽になり、急な買い物の場合でも対応できます。
子どもがいる世帯なら学校や病院などの施設、遊ばせることが出来る公園や娯楽施設などが近くにあれば利便性があります。
電車やバスなどの交通機関を利用する人は駅やバス停留所まで近い方が通勤通学時間を短縮できるので、時間に余裕ができるかもしれません。
このように自分の生活のスタイルにあった場所を選ぶことで、充実した生活を送れるでしょう。

アパートの探し方その2
部屋の間取りの種類はさまざまあります。
一人暮らし向けの間取りなら1Rや1K、また1DKなどのタイプがあります。
1Rと1Kはキッチンが扉で仕切られているかいないかの違いがあります。
それから、キッチンスペースと居住スペースを別々にしたい人なら、ダイニングキッチンに広さがある1DKタイプがお勧めです。
このようにキッチンとひとつの部屋の場合でも種類があり、選択肢がでてきます。
カップルや新婚世帯向けの間取りなら1LDKや2DKなどのタイプがあります。
それから、ファミリー世帯なら2LDKや3DKなどの部屋数があるタイプが良いでしょう。
一人暮らしならどのように部屋を使うか、子どもがいる場合なら何部屋必要になるかなどを考慮して間取りを決めることが大切です。
家具の配置によっても居住スペースを広くすることもできます。
設置する家具と部屋を照らし合わせてみることで、イメージしてみるのも良いでしょう。

アパートの探し方その3

賃貸物件を借りることで家賃が毎月発生します。
自分が支払っていける金額の賃貸物件を探すことが大切です。
一般的に家賃は月収の3分の1か4分の1が目安と言われています。
収入と生活費を計算し見直すことで家賃にいくらかけてもいいか見えてくるでしょう。

【関連リンク】

賃貸を借りる前にアパートの探し方を見直そう ページ上部へ戻る