1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 少しでも削りたいマンション契約の際の初期費用
このエントリーをはてなブックマークに追加

少しでも削りたいマンション契約の際の初期費用

アパートではなくマンションで生活したいと考える人はたくさんいるのではないでしょうか。
鉄骨や鉄筋コンクリートなどで作られたマンションは、アパートと比べるとやはり頑丈で安心なイメージを持つ人が多いです。
また、高層マンションなど高さのあるマンションにはおおくの人が憧れを持ち、いつかはあんな部屋に住みたいと考える人がたくさんいます。
人気のマンションの契約をする際のポイントなどについて考えてみましょう。

マンションのメリット

新しい部屋に住むときに気になる点の一つに騒音や物音があるといえます。
音を反響させやすい木造建築のアパートに対し、鉄筋コンクリートや鉄骨で作られたマンションは防音にも優れているといわれています。
小さな子供がいる家庭では、特に物音を立ててしまいがちですが、周りに対する物音を気にした生活は大きなストレスとなります。
防音効果の高いつくりの建物であれば、周りを気にすることなく日常生活送ることができます。
マンションはアパートに比べて高さのある建物が多い傾向にあります。
その分つくりも頑丈で、災害のときにも安心できるという声も聞こえてきます。
近年では免震構造や耐震構造も進化し、より安心な物件が増えてきています。
自分の身は自分で守らなくてはならない、という考えが強くなってきている近年、このように建物に安心を求める人も増えてきているようです。

マンション契約の費用

マンション契約の際に一番気になる点といえば、費用ではないでしょうか。
費用については、ほとんどの人が少しでも抑えたいと考えるものです。
どんなに魅力的な物件でも、費用がかかりすぎる物件にはやはり手が出せなくなってしまいます。
マンション契約の際にかかる費用は、一般的に家賃や管理費、初期費用です。
家賃や管理費は、その地域の平均額と比較して値下げ交渉をするといいようです。
初期費用の内訳は、前家賃同管理費や敷金礼金して仲介手数料等があり、他にも鍵交換代や住宅保険料などが掛かる事が多いです。
初期費用を抑えたい場合、仲介手数料がない物件を選びましょう。
仲介手数料については契約書や間取り図に明記してあることがあるので、書類によく目を通しましょう。
鍵交換代やついては防犯上きちんと費用をかけたほうがいい部分です。
住宅保険についても、現在は保険加入が条件となっている物件が多いので、削れない部分といえます。
少しでも費用を抑えたい場合、礼金に着目するとよいでしょう。
礼金は、物件をかしてくれる管理人に対するお礼のお金です。
礼金については以前よりも低くなっている物件が増えているようです。
初期費用は、かけるべき費用と実は必要のない費用を見分けて交渉していくことが大事です。

アパマンショップでお部屋を探す

北海道
東北
関東
甲信越・北陸
東海
関西
中国・四国
九州・沖縄

少しでも削りたいマンション契約の際の初期費用 ページ上部へ戻る