部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 1Kの部屋に一人暮らしをする際のレイアウト

1Kの部屋に一人暮らしをする際のレイアウト

こんな生活がしたい、あんな家に住みたいと、一人暮らしが始まる際は希望で胸いっぱいになります。
新生活が始まったらやりたいことが決まっているという人もたくさんいると思います。
特にお部屋のレイアウトにこだわりたいと考える人が多いのではないでしょうか。
一人暮らしのお部屋のレイアウトについて、考えてみましょう。

■一人暮らしのレイアウトの悩み
一人暮らしの人の多くがワンルームや1Kなど一部屋のお部屋ではないでしょうか。
ワンルームや1Kのお部屋は、狭いのはもちろん収納の少なさに頭を悩ませる人が多いです。
収納が少ない為に棚や箪笥などを配置すると、部屋数が少なく何もなくても広くない部屋がさらに狭くなってしまいます。
以前が実家暮らしだった人の場合、引越しの際に実家にあったものをそのまま持ってきたらもので溢れかえってしまった、ということもあるようです。
小さい部屋でもすっきりした感じにするには、不要な物は捨てるという事も一つのポイントです。
部屋の中には、捨てられないと思っていても実は不必要なものがたくさんあるのです。
そして、人が生活する上で、本当に必要なものは意外と少ないといわれています。
無駄なもののない生活は、とてもシンプルで心の中もすっきりするということで、近年多くの人が断捨離に目覚めています。
一人暮らしを機に、断捨離をして本当に必要なものだけを身の回りにおいて生活してみるのもいいかもしれません。

■1Kのお部屋で一人暮らし。レイアウトのコツとは
一人暮らしのお部屋での悩みといえば部屋が狭く感じてしまうことがあげられますが、部屋が狭く感じるのは、実際に狭いからというわけではないこともあります。
面積自体は広い物件なのに、なぜか狭く感じてしまうこともあるのです。
その理由として、レイアウトや家具の選択が挙げられます。
家具の種類やレイアウトに気をつけることで、同じ部屋でも雰囲気が大きく変わります。
1Kなどの広くないお部屋の場合、家具は背の低いもので揃えることや、家具のテイストや色味を合わせることで部屋全体に統一感が出てすっきりした印象を与えることができます。
また、家具の色は壁の色に近い色にするとより広く感じられるようです。
一人暮らしの部屋で一番の問題はもので溢れかえってしまうことです。
その為、何か欲しいものがあった時はすぐに買うのではなく、一旦家に帰って考えるようにしましょう。
家に帰って冷静になると実はそこまで欲しいものではなかった、ということがあります。
狭い部屋でも広々と快適に暮らす為には、本当に必要なものを見極めることが大事です。

【関連リンク】

1Kの部屋に一人暮らしをする際のレイアウト ページ上部へ戻る