部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 自分に合ったいい物件に出会う為に確認しよう

自分に合ったいい物件に出会う為に確認しよう

賃貸物件を探す場合、多くの人がいい物件に住みたいと思うでしょう。
いい物件というとどのようなイメージを持つでしょうか。
新築の新しい建物や大きな広い建物など構造について想像するかもしれません。
家は生活の拠点となる、暮らしていく上で重要なものです。
そのため、生活しやすい環境でなくてはなりません。
いい物件とは、暮らしやすい物件とも言えます。
自分の生活パターンに合った物件を探すように心がけましょう。

■いい物件を探す為の流れとは
進学や仕事の都合で引っ越しする場合、多くの人が賃貸物件を探します。
初めにインターネットの賃貸サイトを利用して家賃の相場を確認しましょう。
一般的に家賃にかける金額は月収の3分の1または4分の1が目安と言われています。
自分の収入と生活にかかる支出の費用を計算し、家賃に回せる金額を出すことが大切です。
毎月発生する費用なので確実に支払える金額に決めましょう。
次に自分の希望とする条件をまとめ、インターネットの賃貸サイトを利用して気になる物件をピックアップしましょう。
家賃の他に立地や間取り、こだわりの設備や仕様を決め、物件に優先順位をつけることで不動産屋へ行った時にスムーズに話を進めることができます。
最後に不動産屋へ足を運び、現地に下見に行きましょう。
建物の外側と内側の造りの確認をする他に、物件周辺の環境や治安も確認する必要があります。
物件を決める場合は自分の目で確認して、地域の情報も把握してから決めるようにしましょう。

■いい物件を探す為に不動産屋を選ぼう
いい物件に巡り合う為には不動産屋も選ぶポイントです。
たくさんの件数を扱っている不動産屋だと、さまざまな物件を紹介してくれるメリットがあります。
また、営業の人にもかかわってきます。
多数の不動産屋から自分に合った営業の人に出会うということは運でもあります。
物件の紹介から交渉まで親身に取引きをしてくれる人なら安心でき、親近感がわくものです。
交渉次第で家賃を値引きしてくれたり、融通を利かせてくれたりと営業の人を上手に使うことで良いこともあるかもしれません。
借りる側も親切丁寧な対応をするように心がけることで、いい物件に巡り合う確率が高まると言えます。

■いい物件を探す為にいろいろな物件を下見しよう

物件を探す時は下見をすることが重要です。
いい物件をピックアップし、何件かまとめて下見をさせてもらいましょう。
選択肢が多い方が、自分が理想としている物件に出会う可能性が高くなるものです。
気になった物件は見学出来るのであれば、数件見学して比較する事が大切です。

【関連リンク】

自分に合ったいい物件に出会う為に確認しよう ページ上部へ戻る