部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 最近増えているペットと暮らす賃貸物件について

最近増えているペットと暮らす賃貸物件について

ペットと暮らした経験がある方は多いと思います。また、暮らしてみたいと考えている方もたくさんいるでしょう。
ペットは共に暮らす家族にとって、生き物という枠を超えて家族同然の存在です。
持ち家であればペットを飼うことに問題はありませんが、賃貸物件の場合はペット不可だったり条件が定められていたりします。
しかし最近では、ペットと暮らせる賃貸物件も増えてきました。
ペットと暮らす賃貸とは、どのような物件があるのか探っていきましょう。

■ペット可賃貸
一昔前まで、ペットと暮らせる賃貸はほとんどありませんでした。しかしペットと一緒に暮らしたいというニーズの高まりを受けて、ペット可の賃貸物件は徐々に増えてきました。
なぜなら家や家族に対する価値観が変化してきたことや、不況の影響もあり生涯賃貸で暮らす人も少なくないからです。
ペットが飼える賃貸物件にもさまざまあります。築年数が経過した物件を大家さんの意向でペット可にする場合や、最初からペットと暮らすことを前提としたペット共生型マンションもあります。
一般的な賃貸物件の場合は、細かな条件が定められていることも多いです。
例えば、猫または小型犬1匹までのように飼育できる動物が決められている場合もあるのです。
ペット可賃貸だからといって、自分が好きな生き物を飼えるとは限らないので事前の確認は重要です。また、敷金が通常より増額される場合もあります。

■ペット共生型賃貸
ペット共生型賃貸とは、ペットを飼育することを前提として建てられた物件のことです。
部屋の中には、ペットと暮らすことに配慮した設備がある物件も増えてきました。
例えばペットがいたずらしてケガをしないように、コンセントが高い位置に付いていたり、ドアの下にくぐり戸が設けられていたりします。
他には、建物の共用部分にペットの足洗い場がある物件もあります。これは愛犬の散歩後に、土や泥を室内に持ち込まないための工夫です。
ペット共生型賃貸物件は、一般の物件にはない設備がついているため賃料は高めに設定されています。
それでも、飼い主とペットがお互いに快適に暮らせる条件が整っているので人気があります。

ペットはかけがえのない家族だからこそ、飼い主として責任をもつことは大切です。
最期を迎えるその時まで面倒をみることはもちろん、周囲への配慮も忘れてはなりません。
ルールやマナーを守り、自分も周りも気持ち良く生活できるように努めることも飼い主の責任です。

【関連リンク】

最近増えているペットと暮らす賃貸物件について ページ上部へ戻る