部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 博多駅前周辺で新築の家を建てるときにはシックハウスに注意

博多駅前周辺で新築の家を建てるときにはシックハウスに注意

新築のマイホームを建てたいという夢を持っている方もたくさんいるでしょう。
特に結婚や出産を機に、新築のマイホームを建てる人はたくさんいます。
マイホームで新しい生活を始めるというのはとても楽しいことです。
今まで賃貸物件に暮らしていた方ですと、新築の一戸建ての新しさや広さに感動するかもしれません。
博多駅前周辺に新築の一戸建てを建てると、通勤なども非常にしやすくなります。
新幹線や地下鉄、バスなどがたくさん通っていますので、どこへでも行きやすい地域といえるでしょう。
博多駅前の会社で働いている人ですと、その周辺に新築の家を建てることで通勤がしやすくなるというメリットがあるでしょう。
博多駅前に行きやすい周辺で新築の家を建てるときには、ぜひ健康に気をつけて生活していきましょう。
新築の家を建てるときに、シックハウスという問題点が出る場合があります。
シックハウスやシックハウス症候群について詳しくなって、健康的な暮らしを手に入れましょう。

■シックハウス症候群とは
シックハウスを日本語に直すと、病気の家という意味になります。
新築の家の影響で、病気になったり健康被害が出たりすることをシックハウス症候群といいます。
シックハウス症候群の症状としては、目がチカチカしたりのどが痛くなったり、頭痛や吐き気の症状が出たりするなど様々です。
シックハウスを引き起こす原因は、新築の家などに使われる建築素材や家具などにあるといわれています。
建築素材などにしようされるホルムアルデヒドが主な原因物質であるといわれていますので、新築の家ほど症状が出やすいといえるかもしれません。
また、最近の新築の家の良いところでもある、高気密で高断熱な構造が更に症状を悪化させる要因であることも分かってきています。
換気性が悪くなるため、ホルムアルデヒドなどが部屋内に充満しやすくなり、症状の悪化に繋がっています。
高気密で高断熱な家ですと、湿気などを逃しにくくもなるため、ダニやカビが発生しやすく、アレルギーを起こす要因のひとつでもあります。
現代人が化学物質などにアレルギーを起こしやすい体質になってきているとも言われています。
そういったこともあり、シックハウス症候群になる人の数も増えてきているのではないかという意見もあります。

最近では新築やリフォームのときに、シックハウスの原因になる化学物質を使用してはいけない基準もできてきています。
そのため、以前に比べると発症することは少なくなってきているかもしれません。
ですが換気を良くしたりするなどの対策を自ら徹底して行うことで、予防にも繋がります。
新築の家に住み始めるときには、シックハウス症候群について詳しく調べてみると良いでしょう。

【関連リンク】

博多駅前周辺で新築の家を建てるときにはシックハウスに注意 ページ上部へ戻る