部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 家を購入するにはどんな条件があるのでしょうか

家を購入するにはどんな条件があるのでしょうか

家族で賃貸物件に住んでいると、家族が増えたタイミングなどで家を購入するか考えたことがあるのではないでしょうか。
実際に家を購入するとなると、大きな買い物をするわけですから慎重になります。
今は、ハウスメーカーが増え自分の好きな造りの家を購入しやすい時代になったといえます。

■家を買える人の条件
家を購入するには、住宅ローンの審査が通らないといけません。
一括で購入できる人など一握りなわけですから、ここは避けて通れない壁です。
まず、ローンを組む方の勤め先、勤続年数、年収が大事になってきます。
たとえ勤続年数が長くても、雇用形態がアルバイト、パート、契約社員の場合は難しいでしょう。
なぜなら、安定した収入で返済能力があるのかも審査の基準となるためです。
また、年収が高くても借金やカードローンなどの額が高く返済に滞納履歴があると不利になると言われています。
わかりやすくまとめると、

○継続した支払が出来る
賃貸とは違い、何十年にも及ぶ支払となるので安定した収入が必要となっているようです。

○返済能力が高い
完済時期も計算されるため、住宅ローンを組むときの年齢も考慮されるようです。

■計画を立てることが必要
頭金をできるだけ貯蓄していた方が、後々楽に過ごせます。
近年、頭金0円で家を購入できるところが増えてきました。
しかし、結局はローンを組むわけですから金利が膨らみ総支払額が増えます。
できる限り多くの貯蓄をすることで月々の賃料を安く済ませることができ、完済期間を短期で済ませることが可能になります。
金利で損した気分にならないためにも人生設計を立てて、住宅ローンを何歳で完済するか考えてみましょう。
もちろん、返済能力に自信があれば頭金0円で家を購入することも可能なので、自分の生活に無理なく計画を立ててみるのもいいかもしれません。
なお、購入前にかかる諸費用も念頭に入れておくことも忘れないようにしましょう。
諸費用は、家の購入前に一括で支払わなくてはならないのが一般的です。
諸費用には、借入れ時の手数料や保証料、登録免許税、固定資産税などが含まれます。

家を購入するにあたって、ご自分の予算もあるかと思います。
近年、安価で購入できるハウスメーカーも増えてきているので見学して見比べてみるといいでしょう。

また、ハウスメーカーによって「アフターフォロー」もさまざまですのでそこもきちんと確認すると後々助かることがあるのではないでしょうか。

【関連リンク】

家を購入するにはどんな条件があるのでしょうか ページ上部へ戻る