1. 賃貸・不動産TOP
  2. お部屋探しマニュアル
  3. コラム
  4. 家を高く売るポイントと売却時の相場について
このエントリーをはてなブックマークに追加

家を高く売るポイントと売却時の相場について

子供が増え部屋数が足りなくなる場合やご主人が転勤になるなど、まだ住める家なのに手放さなければいけない事があります。
売却する場合、少しでも高く売りたいという気持ちは誰しもあるかと思います。
そんな家を売却する時の高く売れるコツや相場などをご紹介します。

家を高く売るコツ

家を売るにもまずは不動産選びからです。ひとつの不動産会社ではなく、複数の不動産会社に家の査定をしてもらうのが基本です。
不動産会社によって査定金額はかなり違いがあります。最低でも3社くらいに査定してもらい一番高く値を付けた会社を選ぶと良いです。
そしてもう一つ家を高く売るポイントがあります。
それは家をきれいに掃除する事です。新築の時のようにシンクから窓から床から全部キレイにします。
全部ハウスクリーニングに頼むとかなりお金がかかります。自分でできる範囲のものはすべてやりましょう。
キレイな家とそのままの家では査定金額にもかなり違いが出てきます。
そして家の外観からもいい印象を与えるため、お庭など玄関は片づけてキレイにしておきましょう。
さらに家の写真を載せる時も明るい色味の写真を使うととても印象が良いでしょう。
実際に何ヶ月も売れなかった家が写真を明るいものにしただけですぐに売れたという実例もあります。

家の売却相場

家が売れるまではすぐにとはいかず、時間がかかります。
そして今中古住宅は売れにくくなっています。中古住宅とあまり変わらないぐらいの金額の新築がどんどん売れています。
中古住宅と新築住宅の金額がそんなに変わらないのならば新築の方を選ぶ方は多いかと思います。
家の売却の相場は、その家の周辺状況や築年数、間取りなどによって変わっていきます。
大体の相場を調べるにはインターネットでも調べられます。自分の家がある地域を選択すると大体の相場が出ます。
あくまでも目安ですので実際の値段とは異なりますが、相場を知ることができます。
あとは家を売ったことのある人の体験談を聞いてみるとどのような感じかわかるかと思います。

家の売却時にかかる費用

家を売るのにも少しお金がかかります。不動産会社への媒介手数料や印紙税の料金など、お部屋のリフォームが必要な家もあります。
また税金もかかります。家を売ったら確定申告をしなければなりません。家によって税金の金額は変わってきます。
そして引っ越し代も忘れてはいけません。家族が多いと荷物も増えるので引越しの費用も多くなります。

家を高く売るポイントと売却時の相場について ページ上部へ戻る