部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 自分好みに自由に内装をデザイン出来る戸建てのリノベーション

自分好みに自由に内装をデザイン出来る戸建てのリノベーション

戸建て住宅を購入するときに、多くの方は新築と中古のどちらを購入するか迷うのではないでしょうか。新築の戸建てと中古の戸建てには、どちらにもメリットがあればデメリットもあるからです。
中古でもリノベーションをすれば、新築と中古の両方の魅力を併せ持つ物件になります。そこでリノベーションを前提に戸建てを購入する人も近年では増えているようです。

リノベーションと聞いても、リフォームとリノベーションって何が違うの?と疑問に思う人も多いと思います。この二つの違いは簡単に言うと工事の規模と住まいの性能の違いです。
リフォームは、住宅の性能や設備を元の性能に戻す為に行います。古くなった設備や内装を新しいものに取り替えるなどの小規模な工事です。
壁紙の張り替えをする、お風呂やシステムキッチンの入れ替えなどがリフォームに分類されます。
一方リノベーションは、新築時より価値や性能を高める為に行われる大規模な工事です。
壁を取り除いて間取りを変更する、建物の強度を上げる為に壁の改修と補強を行うなどがリノベーションに分類されます。

リノベーションの大きな魅力は、自分好みに自由に内装をデザイン出来ることです。
食堂と居間の壁を取り除いて広々としたリビングダイニングにする、家事をするための作業スペースを作るなど、生活スタイルに合わせた間取りにする事が出来ます。
また戸建て購入の際に物件の選択肢が増えることも魅力です。
住みたいエリアに予算の合う戸建てが見つからなかったとしても、リノベーションを前提にすれば条件に合う物件は格段に増えます。
駅から近くて住環境がいいエリアの新築の戸建ては高くて手が出せない。でも中古は外観や設備が気に入らないという場合もあると思います。
そんなに時にリノベーションを前提に考えれば、ぐんと選択肢が増えます。希望するエリアで戸建てを購入できる可能性が高まりますね。

同じ条件の新築の戸建てと、中古の戸建てを購入してリノベーションをした場合の費用を比べてみましょう。その場合、中古の戸建てを購入した方が一般的に安く抑えられることが多いようです。
このようにリノベーションには沢山のメリットがあります。ただ注意点もあるのです。
それは中古の戸建ての場合、耐震性能の不足や見ただけでは分からない構造体などの劣化があることもあるからです。
そこで安全な物件を手に入れるために、購入前に建築士の資格を持った第三者に現地をチェックしてもらいましょう。
工事が始まって外壁や内壁を剥がして構造体が見える状態の時に、専門会社に診断してもらい適切な補修を行うとその後も安心です。
建築基準法「新耐震設計基準」が施行された1981年以降の物件を選ぶことも大切です。

【関連リンク】

自分好みに自由に内装をデザイン出来る戸建てのリノベーション ページ上部へ戻る