部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 学生の一人暮らしにどのくらいの生活費がかかるのでしょう

学生の一人暮らしにどのくらいの生活費がかかるのでしょう

憧れの学校に入学して、これから新生活に向けて楽しいキャンパスライフに胸をはずませていることでしょう。
これから賃貸を探すとき、家賃の上限を決めなければいけません。
学生なので、しっかりと勉強しながら生活を快適にしたいものです。
そのため賃貸探しをする時は、いろいろな情報を集める事が重要となってきます。
地域の情報を集めるためにも、インターネットを活用して見るととても便利となります。
学校近くにある賃貸物件や交通機関、そして公共施設や商業施設を調べる事も出来ます。
このようにインターネットを利用して、学生生活を充実したものにしましょう。

■生活費
学生の一人暮らしには、社会人の一人暮らしと比較しても生活にかかる出費はあまり変わりません。
学生と社会人の違いとして、学生は学業に専念しながら生活をしていくことです。
親が精一杯の仕送りをしてくれる学生もいるでしょうし、奨学金で生計をたてる学生もいるでしょう。
平日は講義に集中しているので、バイトは土日のみという声も多数聞きます。
そのため、バイトではそんなに収入が限られてくるのです。
学生が一般的にどんな生活費があげられるでしょう。
生活には家賃を始め、交通費や食費そして最近はほとんどの人たちが利用している携帯電話はインターネット料金が掛かります。
一般的であればおおよそ月15万といったところでしょうか。
節約を心がければもう少し、月10万前後にできる可能性もあるでしょう。
ちなみに平均のバイト代は、3万円前後といった調査報告結果があります。
その中でも、男女ともに節約できるのが食費と考えているようです。
外食をするより自炊は一番効果がでるのでしょう。

■出費
学業に必要な書籍や文具類、実習費用などにもかかることがあります。
学生はサークル活をすると、それに伴うサークル活動費があります。
同じ趣味を持つ仲間との活動は楽しいものです。
楽しい物には出費がつきものです。

いろいろ計画を立てて生活をしていても、予想外に出費が重なってしまい金欠ということがあることもおきるでしょう。
そのためにも賃貸の費用を安くするために、インターネットで不動産情報をみていきましょう。

学生には嬉しい物件もたくさんあります。
ワンルームに家具家電付きの賃貸があるので、荷物も少なくすぐ生活がはじめられます。
最初に用意する初期費用を軽くするためにも礼金、敷金0円という物件もあるので賃貸広告に注目してみましょう。
また、サイトでも学生向けの賃貸物件として紹介されているので、学業に専念出来る環境のお部屋を探すことができます。
家賃相場や地域の事など教えてくれるので、積極的に利用して学生生活を充実したものにしましょう。

【関連リンク】

学生の一人暮らしにどのくらいの生活費がかかるのでしょう ページ上部へ戻る