部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件の部屋探しは事前の情報収集が大切

賃貸物件の部屋探しは事前の情報収集が大切

移動の多い春先、次の賃貸物件を探す人、新たに部屋探しをする人など賃貸物件の需要がもっとも多くなります。
何度も転勤などで賃貸物件探しをした人でも十分満足な賃貸物件探しが出来たという方は次こそはと思うでしょうし、初めての方は不安だと思います。
納得した賃貸物件で納得のいく部屋探しのために少しアドバイスが出来たらと思います。

■賃貸物件の部屋探しをする前に考えること
どこの土地に住むことになるにしろこんな部屋でこんな生活がしたいという願望は皆さんお持ちではないでしょうか。
そのためにも賃貸部件の部屋探しの最初はその思いを書いてみることから始めましょう。
会社や学校までの移動時間から距離で住みたい場所を選択してみましょう。
その駅周辺から予算、間取りなどの詳細の中から譲れない項目から優先順位をつけてみます。
ネットなどから最寄りの駅や路線などから予算内の賃貸物件を探してみて希望物件のリストを作ってみます。
同じ賃貸物件を複数の不動産会社が扱っている場合条件が異なっていることがあるので比較してみることも大事です。

■不動産会社を決めましょう
ネットなどで希望する賃貸物件が決まったら不動産会社に問い合わせて内覧の予定を決めましょう。
内覧時に気をつけたいのは平日と休日、昼と夜では周りの環境が大きく異なることがありますから担当者に聞いてみましょう。
担当者の返事でその人が地域に詳しいのかどうかの判断にもなりますからその時は別の内覧を考えてみることも必要かも知れません。
いい不動産会社、いい担当者との出会いも希望に沿う部屋探しに必要な一つの項目と考えるべきではないでしょうか。
引越しにはアクシデントは多かれ少なかれあると思って迅速な対応をしてくれる不動産会社や担当者を選ぶことが大事になってきます。
最近ではネットでの賃貸物件探しが多くなってきているためにいきなり不動産会社を訪れても時間がかかる場合があります。
特に多くの賃貸物件を扱っているところほど繁忙期には探し出す時間がかかるなど満足のいく対応をしてもらえないこともあるようです。
転居先が早くにわかっているならば希望条件を不動産会社の担当者に知らせておくことで現在は入居物件でも空き予定物件の情報も得られるので選択肢が多くなります。

知らない土地に転居するのは誰でも不安はありますが事前に情報を得ながら部屋探しをした上で住むのとバタバタと部屋探しをして住むのでは安心感も違ってくるのではないでしょうか。
転居の時期が4月以降でもいい人なら繁忙期を外して賃貸物件の部屋探しをするのも希望する物件に出会う一つの方法です。
不動産会社の担当の方と話がじっくり出来る時間もあるでしょうし、中には賃料や入居にかかる経費が値下げになったりする場合もあるようです。
情報を簡単に得ることが可能になっていますから希望に沿う部屋探し、転居の必要がなくても住んでみたい土地で、バーチャルで探してしてみるのも楽しいものです。

【関連リンク】

賃貸物件の部屋探しは事前の情報収集が大切 ページ上部へ戻る