部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 中古の家を購入する際のメリットと注意点について

中古の家を購入する際のメリットと注意点について

子供が産まれ家族が増えたなどの理由で、マイホームを購入しようと考えている方もいると思います。
最近、中古の家を購入してリフォームをするという選択をする方が増えているようです。
なぜなら、リフォーム技術の向上により、中古の家が新築と変わらないクオリティーとなっているからです。
コストの安さはもちろん、中古の家ならではのメリットがあるのではないでしょうか。

■中古の家のメリット
まず上記で述べたとおり、価格が安いので購入費用を抑えられます。
リフォームをすれば、新築より低いコストで済むでしょう。
そして、建物を多少汚してもあまり気にならないという方もいます。
お子さんがいる家庭の場合、お子さんが家の中で遊ぶ際など汚れを気にしてしまいがちです。
しかし、中古の家であれば神経質にならずにすみそうです。
中古の家の中には敷地や建物が大きく、居室にゆとりのある物件もあるようです。
こうした物件を購入し、住む家族の人数にあった間取りにリフォームするのもいいでしょう。
広い家で、お子さんものびのびと遊ぶことができます。
中古の家でもリフォームが必要ない物件もあるので、すぐに住みたい方にはいいかもしれません。

中古の家を購入するにあたりメリットだけではなく、注意点もすこし紹介したいと思います。

■購入時の注意点
やはり、一度は人が住んでいたため傷や汚れがあるかもしれません。
早期にメンテナンス費用が必要となってくる場合もあるでしょう。
建物の見えないところの構造に不安がある方は、調べてみることも必要です。
そのための住宅診断を専門家に頼む費用がかかってしまいます。
しかし、重大な欠陥がある中古の家を購入してしまうことにならないようにするには必要経費といえるかもしれません。
そしてアフターフォローの体制が整っているかということも大事です。
新築で住宅を購入した場合、引渡し後の定期検査や長期保証がついてきます。中古の家の場合はこれがほとんどないようです。

上記で紹介した注意点のなかに、アフターフォローの体制についてふれました。
リフォームと中古物件をセットにし販売するスタイルも増えてきているようです。
リフォームをすることを前提に販売をするので、リフォームを行った箇所等にはアフターフォローもあります。
中古の家を購入する時の一つの選択肢として注目されているようです。

自分自身でそういった分野の知識を得てから、物件選びをしてみてはいかがでしょうか。

【関連リンク】

中古の家を購入する際のメリットと注意点について ページ上部へ戻る