部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 老人でも安心して一人暮らしできる賃貸物件とは

老人でも安心して一人暮らしできる賃貸物件とは

現代の日本社会においては、少子高齢化や核家族化の進行が深刻になっています。
核家族化が進むと、子どもが独立した後には両親の二人暮らしになるのが一般的です。
また、高齢化や医療の発達により、老人の数も増加する一方です。
このような背景があり、近年では老人の一人暮らしが多くなっています。
老人の一人暮らしは、本人が気ままに暮らせるという反面、家族が体調の変化に気付きにくいなどの問題もあります。
老人の一人暮らしが増えるにつれ、どのような人でも快適に自立して暮らせる住まいについて考えられています。
それはどのような住まいなのでしょうか。
また、賃貸アパートやマンションでそのような物件を見つけるには、どのように探すのがよいのでしょうか。

■老人の一人暮らしにはバリアフリー住宅が良い
老人が暮らしやすい住まいとして、バリアフリーという考え方があります。
バリアフリーとは、老人や障害を持った人々が、日常生活を送る上で支障のあるものを取り除くというものです。
この考え方を住宅に適応したものが、バリアフリー住宅と呼ばれています。
年をとるにつれて身体の機能が衰えてくるため、ちょっとした段差にもつまずきやすくなります。
立ち上がる動作や支えなしに歩くことが困難になってくるため、対策が必要です。
その解決策として、住宅内にある段差を取り除いたり手すりを設置したりすると、老人や障害を持った人でも暮らしやすい住まいにすることができます。
特に老人の一人暮らしでは、怪我をして動けなくなってしまうと対応が遅れてしまうことにつながりかねません。
老人や障害を持っている人本人が生活しやすいというだけでなく、より安全に生活することにもなるのです。

■老人の一人暮らしに最適な賃貸アパートマンションの探し方
老人の一人暮らしは、本人だけでなく家族の心配も大きいものです。
ですから、安心して暮らせる賃貸アパートマンションを見つけたいと思う人は多いはずです。
最近では、インターネットを利用した賃貸アパートマンション探しが便利になっています。
賃貸物件検索サイトを利用すれば、バリアフリー住宅や高齢者向けの賃貸物件に絞って検索することができます。
不動産会社や仲介業者の担当者に相談しても良いでしょう。
インターネットは大変便利ですが、賃貸物件検索サイトには全ての物件が登録されているわけではありません。
インターネット上で希望にあう賃貸アパートマンションが見つからない場合でも、不動産会社や仲介業者を訪ねてみると意外と見つかることもあります。
インターネットや不動産会社を上手く使い分けて、老人でも安心して一人暮らしできる賃貸アパートマンションに暮らしたいものです。

【関連リンク】

老人でも安心して一人暮らしできる賃貸物件とは ページ上部へ戻る