部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 学生の一人暮らしで揃えておきたいインテリアとは

学生の一人暮らしで揃えておきたいインテリアとは

今までは実家暮らしで、これからは一人暮らしをすることとなった学生のみなさんは、新天地に降り立つような気持ちでいらっしゃるのではないでしょうか。
一人暮らしは自分の生活に関するすべてのことを自分でこなしていかなければなりません。
一人暮らしの生活にはどんなものが必要なのでしょうか。

■最低限揃えておきたいものは5つ
まず、住み始めたその日から必要になるものが、布団です。
ベッドを利用するという場合には、お部屋の間取りにあっているサイズのものを選ぶ必要があります。
そして、冷蔵庫も自炊をする方はもちろん、自炊しない方でも飲料水の冷蔵やストックをするのに必要になります。
冷蔵庫のサイズですが、冷凍室がついているものであればそんなに大きいものでなくても良いのではないでしょうか。
そのほかにも、テーブルが必要になります。ご飯を食べたり、もちろん生活の中心ともなる勉強をしたりするのにも必要です。
一人暮らしのお部屋のスペースは限られていますので、デスクとテーブルの両方をそれぞれ分けて準備するという方もサイズは前もって測っておきましょう。
意外と忘れがちなのは、照明器具です。最近は、長持ちして効率的なLED照明器具を手頃な価格で手に入れることができます。
最後はお鍋やマグカップなどのキッチンツールです。自炊をほとんどしないという方でもお鍋や包丁を用意して困るということないでしょう。
自炊をする方なら、炊飯器は必須のものです。学生さんの一人暮らしでは、自炊はしないがご飯だけは必ず自分で炊くという方が多くいらっしゃいます。
そして、お惣菜はタイムセールなどでお安く手にいれてお金を節約するというものです。
学生さんであれば、早々お金を使ってはいられないという現実が確かにあります。
まして一人暮らしとなれば、生活を工夫していくことが大事になるので、炊飯器は用意しておく方が良いと思われます。

■一人暮らしに役立つインテリアとは
ワンルームタイプのお部屋でテーブルを使用する場合、他の用途にも利用できるような稼動式のものが良いでしょう。
自分は食事に使用して、来客があれば移動させてカウンターの代用とすることもできます。
また、折り畳めるテーブルや椅子なども利便性が高いインテリアです。
一人暮らしの空間を確保できますし、使いたいときに使えるという便利なものと言えるのではないでしょうか。
学生さんの場合、卒業してしまうとそれまで使用していた家具が不要になるケースが多いです。
コンパクトな折り畳みのインテリアなら、引っ越しのときも移動が楽にできます。

一人暮らしの学生さんに必要なインテリアは他にもあります。
それは身支度に必要な鏡です。鏡には姿を映すという実用的なことのほかに、お部屋に奥行きを感じさせる効果を持つインテリアでもあるのです。
鏡の大きさは、お部屋の間取りや取り付ける場所など使い勝手を確かめてから購入しても良いでしょう。

【関連リンク】

学生の一人暮らしで揃えておきたいインテリアとは ページ上部へ戻る