部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 仮住まいを探す時短期間で借りることは難しい

仮住まいを探す時短期間で借りることは難しい

家の建て替えや、リフォームなどで今住んでいる家を離れなければ行けない時があります。
そんな時には、これから暮らす家を探さなければなりません。
多くの場合、短期間で賃貸物件を探すことになります。
つまり、仮住まいを探すということです。
しかし、この仮住まいを見付けるということはとても大変なことなのです。
というのも、借りる側にすると暮らす場所の確保に必至ですが、貸す側にすると長く入居してくれる人に貸したいと希望しているのです。
ですから、一般の不動産会社で賃貸物件を探しても入居を断られてしまうケースもあります。
そこで、「どうしたらいいの?」と不安になりますが、賃貸物件にもいろいろ形態があります。
仮住まいを探すポイントを探しながら、解決策を見つけてみましょう。

○一般の賃貸物件
家の建て替えや、リフォームなどの場合はハウスメーカさん経由で仮住まいを確保することもできます。
自分で探すよりは、スムーズな引っ越しができるのではないでしょうか。
しかし、自分で仮住まいを探すことも考えられます。
そんな時には、多くの人はインターネットを利用し賃貸情報を集めます。
今では気軽に利用できるため、インターネットで情報を集め不動産会社へ足を運ぶことが増えてきました。
一般の賃貸物件を探しても、短期間で借りることは中々難しいと言えます。
借りる側はこれから暮らす家を確保するのに必至ですが、貸す側は長く暮らしてくれる人に貸したいと希望しています。
ですから、一般の賃貸物件を探しても入居を断られてしまうケースもあります。
また、仮に「短期間でもいいですよ。」と言ってくれたとします。
短期間とはいえ、入居時には敷金礼金、また年数の縛りがあれば違約金などが発生します。
退去時には、原状の回復のため修繕費として多額の料金がかかる場合もあります。

○マンスリーマンション
単身者やカップルなどを対象としている物件が多いので、家族を持つファミリー世帯には少々厳しい環境かもしれません。
生活に最低限必要な、家具や家電は揃っていますが、今持っている荷物の置き場所を確保しなければなりません。
敷金や礼金が無いので、気軽に入退去することができます。

○UR賃貸住宅
都市公団から受け継いだ住宅のことです。
礼金や仲介手数料などが不要で、家族構成は気にせず借りることができます。
人には様々なライフスタイルがあるように、賃貸でもニーズに対応できる物件は多くなってきました。
大家さんの中には、短期で貸し出してくれる場合もありますので情報はしっかり集め相談してみることが大切です。

【関連リンク】

仮住まいを探す時短期間で借りることは難しい ページ上部へ戻る