部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京での一人暮らしの初期費用を抑える方法

東京での一人暮らしの初期費用を抑える方法

進学や就職によって東京で一人暮らしを始める人はたくさんいると思います。
初めての一人暮らしは、誰でも最初は不安でいっぱいです。
一人暮らしを始めると、実家での生活や親へのありがたみを実感するという人もたくさんいます。

一人暮らしにかかる費用
一人暮らしは何かとお金がかかります。
まずは、一人暮らしにかかる費用について考えてみましょう。

【初期費用】
初期費用とは、一人暮らしを始めるにあたってかかる費用のことです。
具体的には、賃貸物件を契約する際の費用、生活に必要なものを揃えるための費用、引越しにかかる費用です。

【月々の賃料】
これは、大家さんや管理人に支払うものです。
賃料の中には、家賃の他に管理費も含まれます。物件によっては、水道光熱費が定額で請求されることもあります。

【生活費】
食費、水道光熱費、通信費などの事を指します。
東京で一人暮らしをしている人は食費に平均で2万5千円程、水道光熱費で1万円程、通信費に1万円程かかるようです。
生活費は節約の効果が出やすい部分である為、月々の出費を少しでも抑えたいという人は、節約の方法について勉強してみるとよいでしょう。
これら以外に交際費や趣味に費やすお金が生じます。
東京で一人暮らしをする場合、郊外から出てきた人はその物価の高さに驚く人も多いのではないでしょうか。
一人暮らしを始めてみると生活費が予想外にかかってしまうこともよくあるようなので、収入と支出をしっかりと把握しておくようにしましょう。

東京で一人暮らしをする際の初期費用
引越しの初期費用は、少しでも抑えたいと考える人が多いのではないでしょうか。
東京での生活はとてもお金がかかります。ですので、初期費用は少しでも抑えて今後の生活のために貯金を残しておきたいと考える人も多いはずです。
では、初期費用を少しでも抑えるにはどのような点に気をつければよいのでしょうか。

【賃貸契約の費用】
賃貸契約の費用を減らす方法は、契約する前の段階で大家さんや管理人、不動産会社に交渉してみることが重要です。
礼金とは、部屋を貸してくれた管理人さんに対するお礼のお金のことです。

【引越し費用】
引越し費用を抑える為には、引越しをする時期を見直すことがポイントです。
引越し会社には繁忙期と閑散期があり、閑散期には値下げに応じてくれたりリーズナブルな金額で対応してくれたりします。
どうしても費用を抑えたい場合は、引越しの期間を少しずらすなどして閑散期に引越しをすると良いでしょう。

【生活用品を揃える費用】
生活用品については、最初から必要なものを揃えようとすると買いすぎてしまう可能性があります。
買った配意が必要なかった、部屋のサイズに合わないなどのトラブルで結局使わないこともあるかもしれません。
最初は最低限必要なものを揃えて、引越しが完了して住み始めてから必要なものを揃えるようにするとそのようなトラブルを回避することができます。

東京での一人暮らしは、初めての場所と初めての一人暮らしでうまくいかないこともあるかもしれません。
しかし、不安なことがたくさんある分新たな出会いや新たな体験がたくさん待っています。
充実した新生活がスタートできるように、準備に力を入れましょう。

【関連リンク】

東京での一人暮らしの初期費用を抑える方法 ページ上部へ戻る