部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 東京での一人暮らしをする際に気をつけるポイント

東京での一人暮らしをする際に気をつけるポイント

一人暮らしを始めるきっかけは人それぞれ異なります。
就職や進学、転勤などがあるのではないでしょうか。また、仕事もある程度落ち着いてきた為、独立しようという人もいるかもしれません。
一人暮らしをする際にお部屋探しをすると思いますが、みなさんどのような点が気になるのでしょうか。
賃貸物件の数は全国的にとても多く、迷ってしまいます。特に東京は、賃貸物件の数は日本一と言ってもいいかもしれません。
また、東京の賃貸物件はおしゃれな建物が多く、特に若い人には魅力的と感じるかもしれません。
せっかく東京で一人暮らしをするのだから、おしゃれなお部屋に住みたいと思うでしょう。
しかしどんな賃貸物件に暮らすとしても、お部屋探しの時に気をつけるポイントをご紹介したいと思います。

■収納スペースを確認しよう
一人暮らしをする時に借りるお部屋は、1Rタイプや1Kタイプが一般的です。広さも6帖ぐらいが多いのではないでしょうか。
1Rタイプの場合は、お部屋の中にキッチンが設置されているので、更に狭く感じるかもしれません。
一人暮らしと言えども、荷物は多くなりがちです。特に女性は、洋服や靴などの服飾品が多くなると言います。
その際に困るのは、収納と言われています。収納スペースに対して、物が多すぎる人がたくさんいます。
1Rタイプや1Kタイプの収納の広さは、思っているよりも狭くなります。その為、別途で収納ケースを購入すると言う人は珍しくありません。
お部屋探しの際には、収納スペースの確認を必ずするようにしましょう。
そして、自分の荷物の整理をもう一度行いましょう。引越しは、荷物の整理整頓とするのには絶好のタイミングです。
買ってから一度も着ていない洋服を持っている人は、多いのではないでしょうか。
もったいないと感じてしまうかもしれませんが、思い切って処分するようにしましょう。そうしなければ、一人暮らしのお部屋が物で溢れかえってしまう恐れがあります。

■日当りの確認をしよう
お部屋探しをする時に、日当りを気にする人はどれくらいいるでしょうか。
若い人は余り気にしないかもしれませんが、日当りとても大切です。
お部屋に陽が入らなければ、日中でも常に電気を付けなくてはいけなくなります。
特に東京は高い建物が多く、南向きの賃貸物件でも日当りがそれほど良くないということも珍しくありません。
隣の建物が高かったり、近かったりすると南向きでも日は入りづらくなるのです。
人は太陽の光を浴びると、体のリズムが整うと言われています。その為、日当りはお部屋探しをする上でとても重要と言えるのです。

【関連リンク】

東京での一人暮らしをする際に気をつけるポイント ページ上部へ戻る