部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸アパートマンションで猫と暮らす際の注意点

賃貸アパートマンションで猫と暮らす際の注意点

近年では、犬や猫などのペットと一緒に暮らす人が増えています。
ペットとの生活は癒しを与えてくれるだけでなく私たちの心の支えにもなってくれる存在です。
そのため、心のケア療法として動物とのふれあいが用いられるほどです。
以前は、ペットと言えば一戸建てなどの持ち家での生活が主流でしたが、最近では賃貸アパートやマンションなどの集合住宅で犬や猫などのペットと暮らす人も増えてきました。
特に犬と暮らす人が多く、ペット飼育可になっている賃貸アパートマンションの多くが、犬のことを指しています。
犬の次に人気の高いペットと言えば猫なのですが、賃貸アパートやマンションを借りる際の条件は、犬に比べて猫の方が厳しいものになっているのです。
賃貸アパートマンションにおいて、猫と暮らす条件が厳しくなっているのはなぜでしょうか。
また、猫と賃貸アパートマンションに暮らしたい場合はどのようなことに気をつければよいのでしょうか。

■賃貸アパートマンションで猫と暮らす条件が厳しく設定されている理由
賃貸アパートマンションを契約しようとするとき、犬の飼育でしたら敷金や礼金が一ヶ月〜二ヶ月程度積み増しされるところ、猫の飼育時には一ヶ月〜三ヶ月程度の積み増しが条件となっていることが多いのです。
その他、家賃の増額であったり、別途保証金を要求されたりすることもあります。
このように犬と猫で契約条件に差が出ているのは、賃貸物件のオーナーの心理に関係しています。
賃貸物件のオーナーが心配していることの一つは、猫の習性である爪研ぎです。
きちんとしつけしているなどの対策がとられていれば問題ないのですが、賃貸物件の壁や柱で爪研ぎされると、その住民の退去時にはその補修費用がかかります。
また、去勢されていない猫は繁殖の季節になると泣き声が大きくなり、近隣の迷惑となりトラブルに発展しかねません。
その他、数匹一緒に飼育する場合には、お互いに縄張り意識が生まれてしまうとマーキングなどによってお部屋に臭いをつけてしまいます。
大変可愛らしい猫なのですが、このような理由で賃貸物件のオーナーからは倦厭される傾向にあるのです。

■賃貸アパートマンションで猫と暮らす際の注意点
では、苦労して借りた賃貸アパートマンションでトラブルを起こさずに気持ちよく生活するためには、どのようなことに気をつければよいのでしょうか。
まず、猫がストレスなく生活できるような環境を整えてあげることが大切です。
ストレスがたまっている猫のしつけは上手くいきません、
猫は上下運動が大好きなので、キャットウォークなどの設備を設置しても良いでしょう。
また、爪研ぎ対策として壁の保護をするシートなども売っています。
飼い主が賃貸物件のオーナーや近隣住民の心理を理解すれば、基本的にトラブルなく快適に過ごすことができるでしょう。

【関連リンク】

賃貸アパートマンションで猫と暮らす際の注意点 ページ上部へ戻る