部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 家賃をもとに支払う更新料とはどんなものなのか

家賃をもとに支払う更新料とはどんなものなのか

賃貸物件では、毎月支払っている家賃のほかにも一定期間ごとに更新料という名目の支払いも発生することがあります。
この更新料について何か決まりごとはあるのでしょうか。

■一般的な更新は2年に1回
賃貸物件では、2年に1回の更新時期が近づくと、だいたい契約が満了する1ヶ月前に大家さんや管理会社からのお尋ねがあります。
ほとんどの場合、大家さんや管理会社、また不動産会社などに更新料や更新手数料というものを支払わなければなりません。
一般的な更新は2年に1回行われますが、あまり訳の分からないままそのつど支払っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
契約更新は、新たに賃貸契約を交わすことなので、更新を決めれば新たに契約をすることになります。
新しく書類を作るための手間が増えますから、それを更新料として支払うのです。多くの場合、更新料は家賃の1ヶ月分としています。
支払う側にしてみれば、本来契約更新にまつわる実費の負担は大家さんがするもので借主が負担するものではないと思うでしょう。
しかし、仮に更新料を支払わなければ、引き続きその物件に入居することはできません。
なかには強制退去をさせられるケースもあるようです。

■よく似た更新事務手数料とは
更新料は、大家さんに家賃の一部とみなして支払うものであり、大家さんの利益となるものです。
ですので、賃貸物件を退去するとき自分に戻ってくるものではありません。
また、更新事務手数料は大家さんが不動産会社や管理会社に手続きを依頼時にしている発生する手数料となるものです。
実際に更新料というのは、法律によって定められているものではありません。
あくまで慣習という認識のもとに行われているだけのものなのです。
全国で見てみても更新料を請求していない地域があります。
更新料に認識がないままで、更新料のある地域に引っ越してあとあと更新の時期に「聞いていない」とトラブルになってしまうケースもあります。
また、物件により更新料があるとされる地域でも更新料が発生しないなど、賃貸契約をする際には確認をすることが必要です。
しかし、更新料そのものの慣習にとらわれることについて批判的な考えも一部にはあるようです。
ですが、大家さんにとっても大事な収入源となるものですし、賃貸物件を借りている以上は支払うものとして考えるべきでしょう。

新たに引越しをする地域は更新料などがある地域なのか調べておくのも良いかもしれません。

【関連リンク】

家賃をもとに支払う更新料とはどんなものなのか ページ上部へ戻る