部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 敷礼0の物件はどうして存在するのでしょうか

敷礼0の物件はどうして存在するのでしょうか

賃貸物件を探しているとき、敷金礼金がゼロとうたっているものをたまに見かけることがないでしょうか。
これは、いわゆる敷礼0(ゼロ)といわれるものです。
昔の人なら「タダより高いものはない」と言われてしまいそうな敷礼0ですが、本当にお得なものなのでしょうか。

■そもそも敷金と礼金とは
新しく入居するとき、通常借主は貸主に対して敷金と礼金を支払います。
なぜこれを支払うのかを、はっきりと分からないという方もいらっしゃるかもしれません。
敷金は、家賃を万が一滞納したときなどのために担保として貸主に預けておく保証金のような意味合いを持つお金です。
そして、退去するとき発生する原状回復の修理負担分はこの敷金から清算されます。
礼金は、お部屋を貸してくれた貸主に対してお礼の意味で渡すお金です。
こちらは昔から「慣例」として行われているもので、地域によって呼び方が違うこともあるようです。
ほとんどの場合、敷金も礼金も同じ様な金額ですが、ふたつの意味合いは全く異なるものなのです。

■どうして敷礼0なのか
入居時には、家賃や敷金礼金、また保証料や保険料などまとまったお金が必要になります。
それらをまとめて初期費用と呼んでいますが、敷礼0によってその初期費用がかなり安く済むということはありがたいことでもあります。
初期費用が安くなりますので、借主にとっては借りやすくなり、貸主にとっても空室が埋められるという双方にとってのメリットがあるのです。
そのニーズに対応するべく、敷礼0という借りやすい条件が設けられているのです。

敷礼0で気をつけたいこととは
借主にとっては大変うれしい敷礼0物件ですが、何点か気をつけたいこともあります。
まず、毎月の家賃が同じような物件より割高となってしまうケースです。
せっかく初期費用を抑えることができたのに、家賃が割高では本末転倒です。
また、短期での退去時に違約金が発生するなど通常の物件より厳しい条件が課せられているケースです。
そして、契約するときに権利金や保証金という別の名目での支払いを請求されてしまうケースもあります。
いずれも敷礼0物件に該当する場合が多いようです。敷礼0の物件であっても代わりに支払いすることもあるという認識は持っていた方がよいでしょう。

敷礼0は、手元にまとまったお金がない人にとってもお部屋を借りられる大きなチャンスでもあり助けともなるでしょう。
上手に敷礼0を活用すれば、大変お得なものであることに変わりはないのです。

【関連リンク】

敷礼0の物件はどうして存在するのでしょうか ページ上部へ戻る