部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 一人暮らしのインテリアは自分にとって特別なもの

一人暮らしのインテリアは自分にとって特別なもの

洋服のコーディネートでも、上手く着こなすのはなかなか難しいものです。
一人暮らしのインテリアについても同じで、考えているうちにどこをどうすればいいのか分からなくなってしまうこともあります。

■テーマが決まらないとき
あれこれ思案してもお部屋のテーマが決まらないときはどうすればいいのでしょうか。
それには、とっておきの方法があります。今住んでいるお部屋の壁紙や窓、またドアなどに目を向けてみてください。
それらの形や色をじっと見ていると、なんとなく似合うカラーや使いたいアイテムなどが浮かんでくるのではないでしょうか。
その浮かんできたものをもとにして一人暮らしのインテリアを決めていけばいいのです。
一人暮らしの空間で最も意識したいのは、時間を気にすることなくごろごろできるというくつろげる空間であることです。
一人暮らしのインテリアには圧迫感を感じるような大きさや色はなるべく使わずに、高さもロータイプのもので揃えるのが良いと思います。

一人暮らしのインテリアに必要な数とは
一人暮らしのインテリアは、大きさや色のほか配置する数にも気をつけるということで印象が変わってくることがあります。
そのためには、目的に合わせて使い分けることができるインテリアを選ぶとスペースを有効に使うことができます。
折り畳めるテーブルや椅子を選ぶのもおすすめです。
また、必要なインテリアだけに絞るということも大事です。

■インテリアに取り入れたい色とは
インテリアが暗い色の場合、どうしても圧迫感が出てしまいがちです。
その場合には、床に近い部分に暗めの色のインテリアを配置して天井に近い部分には明るい色を配置するようにします。
天井の部分が明るければ、開放感を保つことができます。ですので、高さのある本棚などは明るい色のものを選ぶと良いでしょう。
壁紙が白い場合なら、インテリアは暗めの色の方がコントラストによってすっきりとスタイリッシュに見えるので、断然その色が活きてきます。

一人暮らしのインテリアにはレイアウトも大事ですが、そのお部屋のテーマに合った素材のものを選んでみるのもおすすめです。
テーブルや椅子をとってみても、木の素材を生かしたインテリアの方が安心感を得られるのではないでしょうか。
パイン素材やウォールナットなど無垢材のものでも種類によって色合いや雰囲気も違ってきます。
そのようなインテリアがたったひとつあるだけで、お部屋の雰囲気がずっと柔らかくなります。
買い揃えるのに慌てることはありません。じっくりと比べながら一人暮らしのインテリアを見極めていけば良いのですから。

【関連リンク】

一人暮らしのインテリアは自分にとって特別なもの ページ上部へ戻る