部屋探し情報なら賃貸情報が満載のアパマンショップ。賃貸マンション・賃貸アパートの情報を多数掲載。

  1. 賃貸情報
  2. コラム
  3. 賃貸物件でよく目にするフリーレントって何

賃貸物件でよく目にするフリーレントって何

賃貸物件の情報を見ていると、フリーレントという言葉を目にすることがあります。
賃貸物件を借りれば家賃を払うのは当然のことですが、フリーと言うからには何かがお得であることには間違いなさそうです。
では、最近増えているフリーレントについてその中身を紹介していきたいと思います。

■フリーレントとは
フリーレントはひと言で言うと、その言葉の通り「一定期間の家賃を無料で借りる」ということです。
多くの場合、1ヶ月から3ヶ月間の家賃が無料となります。事業用店舗などのフリーレント期間は半年というものも見かけます。
賃貸の契約時には、敷金礼金のほかに保証金や前家賃などまとまったお金が必要になります。
さらに、2年分の火災保険料や引っ越し代もかかりますので、それらをあわせるとかなりの金額になります。
フリーレントでは、その費用の一部である家賃が免除されるのですから、たいへん大きいメリットと言えるのではないでしょうか。

■大家さんにとってのメリット
借りる方にとってフリーレントはうれしいものですが、大家さんにとってはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず、フリーレントにすることで入居者が集まりやすくなります。
大家さんにとって空室の状態が続いてしまうことは困ることでもありますので、家賃の数ヶ月分を無料にして契約してもらう方が良いというわけです。

■フリーレントの賃貸物件の注意点とは
フリーレントの賃貸物件には契約の際、一定期間の解約に対しての違約金やフリーレント期間に相当する賃料の支払いを求めるなどの条件があります。
後になって、契約期間内に急な退去をすることになれば、かえって負担が増えることになってしまいます。
また、フリーレントと言われると、一切が無料という気にもなってしまいますが、無料になるのは家賃だけです。
その賃貸物件にかかる管理費や共益費はきちん支払うものですので注意が必要です。

フリーレントの賃貸物件は、広告やインターネットに掲載されるとすぐに借り手がつくほど人気があります。
なかには広告に出さないケースもありますので、直接不動産会社に「フリーレントの物件はありますか」と問い合わせるのも良いでしょう。
フリーレントは、もともと首都圏や事業用の賃貸物件で使われていたとも言われています。
最近になって居住用の賃貸物件でもフリーレントは着実に増え、また全国的にも広がっています。
フリーレントは、賢く使えばとても良いシステムです。自分にとってのニーズを見極めながら、良い物件を探してください。

【関連リンク】

賃貸物件でよく目にするフリーレントって何 ページ上部へ戻る